快速ムーンライトえちご乗車記空席目立つ




鉄道コム


今晩の夜明かしは快速ムーンライトえちごです。
青春18きっぷシーズンに運行される臨時快速列車です。
かつては定期列車でしたが臨時列車へ格下げされながらも残存しています。
乗車回数は通算5回です。
ムーンライトながらよりも乗車回数が多くなっています。
新潟へ23時頃到着するように予定を組めば乗れますの利用価値が高い列車でもあります。


[スポンサードリンク]


DSC02058

現在新潟駅では高架化工事に伴う配線変更が頻繁に行われているようです。
いままでなかった8・9番乗り場が新設されていました。
ムーンライトえちごはここから出発します。
ホーム末端にあるので不便です。

DSC02064

DSC02067

車両は485系です。
さきほどのいなほと同じ485系です。
こちらの車両はK編成でムーンライトえちごなど臨時列車専用の車両となっているようです。
急行能登が臨時格下げになってからは急行能登にも充当されていました。
その間は、ムーンライトえちごは183・189系による運行でした。
急行能登が正式廃止となり再びムーンライトえちご運用に入っています。

DSC02061DSC02062
黒地幕ですが女性専用車のみ白地幕となっています。


[スポンサードリンク]


DSC02069
パンタグラフは片方だけ上がった状態でした。
直流区間では両方上がっているものと思っていましたがそうではなさそうです。

DSC02068
乗車口のステップが埋められていました。
485系の床の高さは1235mmでステップ部の高さは970mm。
新宿など首都圏の多くは1100mmのホームの高さを採用しているためステップを埋めないとホームよりも車両が低いという状態になります。
法律では車両の床(ステップ含め)の高さがホームより高くすることを義務付けているためこのような措置が行われているようです。

新潟地区でのホームの高さ標準は仙台地区と同じく920mmとのことです。
ステップを埋めた状態では1235-920=315mmの段差が出います。
30cmものさし分の段差が生じます。
しかしながら、首都圏への乗り入れをするにはこうするしかないようです。

こちらで詳しく解説されています↓

DSC02070
新潟を出発。
平日ということもあってか空席が目立ちました。
これまで5回乗っていますが、休日は満席です。
平日でも10両満席となるムーンライトながらとはやはり違います。
(ムーンライトながらは指定席券転売目的で買っている人もいるようですが)

→2013年08月21日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です