振替輸送の山陽に電鉄に乗る




鉄道コム


山陽電鉄に乗って新長田を目指すのですが、当然のことながら新長田へは行けません。
振替票をもらったときに西代から歩いて行ってくださいと言われました。
神戸市営地下鉄に乗る用事があったので、板宿で降りることにします。
もし、神戸試合地下鉄が振替輸送対象なら細かい需要にも対応できるのですが、そこは諦めるしかないようです。


[スポンサードリンク]


DSC01432

DSC01435
山陽明石からは直通特急です。
黄直特なので山陽須磨~阪神元町が各駅になるパターンです。
阪神本線が32.1km、山陽電鉄本線が54.7kmと営業距離が山陽電鉄のほうが長いため、阪神車と山陽車の割合が1:2となるそうです。


[スポンサードリンク]


 

 

また、クロスシートの割外が山陽車のほうが高いためラッシュ時間帯は阪神車が中心だそうです。
よって、日中の直通特急は山陽5000系が主体だそうです。
直通特急何度か乗っていますが、阪神車にあたったのが前回の高速神戸→新開地くらいです。

 

 

→2013年4月4日の全行程はこちらへ
DSC01436
山陽明石から神戸方面はJR山陽本線と並走します。
また、須磨の海を眺めながら走りますので景色がとても良いです。
明石海峡大橋も見られます。

 

 

DSC01437
板宿で下車します。

→2013年4月9日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください