わんこそば 盛岡駅前東屋料金3,000円で61杯食べて…




鉄道コム


盛岡来たらとりあえずこれやっとけというものがわんこそばだと思います。
生まれてこの方、わんこそばやったこと無いんですよね。
ということで、今回の予定は盛岡で宿泊するという前提で行程を組みました。
経験者いわく、歩けなくなる可能性があるらしいので盛岡で宿泊でしょう。


[スポンサードリンク]


DSC01968

今回お世話になるのは盛岡駅前のそば処東家さんです。
盛岡では有名な蕎麦屋みたいです。
しかも、駅前に店舗があるということで出張できたサラリーマンもよく利用しているみたいです。

DSC01966

東家盛岡駅前店は雑居ビルの中に入っていて、あまり目立った感じはありません。

DSC01969

しかし、店の入口はしっかりとしたものでした。

福島駅立食いそば屋松月庵!入り口の2つある店!
ここで夜のイベントに触れましたが、これから夜のイベントです。

 

できるだけ胃袋を空にしておきたかったので昼は軽めにしました。
さて、何杯行けるかなと。

 

飛び込みで入りました。
予約も受け付けてくれるそうです。
一人ですし、18:30の入店予定だったので予約なしで行きました。

 

東家さんでは、値段忘れましたが2,600円、3,000円、4,000円の3コース用意されていました。
3,000円のは普通のコースで、茶碗がどんどん積まれていきます。

 

2,600円のコースは茶碗が積まれないコース。
数え方はマッチ棒みたいな棒で数えるスタイルだそうです。
4,000円は茶碗積み上げで、いろいろおかずが付いてくるみたいです。


[スポンサードリンク]


 

やはり証拠画像が欲しかったので3,000円のコースにしました。
最初説明されてもなんのことかさっぱりわかりませんでした。
店員はバイトだと思いますが、もう少しわかりやすく説明してほしい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

戦闘開始。
15杯でもりそば1杯分だそうです。
終了するときは茶碗にふたをするようです。
その時に、中に残っていたらペナルティでもう1杯お見舞いされます。

DSC01967
結果61でストップしました。
わんこそば温いんですよね。
温さが食欲を減退させてくれました。

 

61ということはもりそば4杯分。
これは競技だね。フードファイトの世界。

 

隣の客は108つ煩悩だと言って108チャレンジしていました。
しかも、おばちゃんが80杯だったみたいでショックを受けました。

 

後ろでやっていたおじちゃんは70杯で蓋をしたのですが、
全て食べきったか聞かれて中を見せたら追加攻撃されていました。
あれはただの嫌がらせだろう。

 

終わってから30分くらい動けませんでした。
体力の回復を待って店を出て宿に向かいました。
これ一人でやると寂しいね。
大勢でワイワイやらないとしんどいと思います。

宿泊したのはここスーパーホテル盛岡 「りんどうの湯」。
宿泊するときはたいてい大浴場付きを探します。

 

大浴場と言っても内風呂で1つしかなかったのでいまいちかなと。
しかも男女兼用なので利用できる時間が限られていました。

 

これにて8月20日の全行程終了です。

→2013年08月20日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です