近鉄宇治山田駅のバス転車台を見てまわる




鉄道コム


近鉄宇治山田駅は山田線の終端駅です。
現在は鳥羽線が接続されて、
そのまま伊勢志摩方面へ列車で行くことができます。
しかし、鳥羽線が開業する1969年までは終点駅で、
ここからバスに乗り換えて志摩方面へ向かっていました。


[スポンサードリンク]


このバス乗換を容易にするために設置したのがバス転車台です。
特急発着ホームからホームタッチでバス乗り場へ迎えるようになっていました。
高架ホームでありバスを転回するスペースが確保できなかったため、
バス用の転車台を設置して発着させていたようです。

高架でバス転回が必要な事例は、ゆとりーとラインの大曽根駅ですね。
こちらは転回できるスペースが確保できているので、転車台は設置されていません。
バス車庫では設置されるケースがあるみたいで、そこまで珍しいものでもないようです。
宇治山田駅は高架ホーム上にあるので珍しいといえますね。

外から宇治山田駅のバス転車台を見る

五十鈴川駅方向はこのようになっています。
円形に出っ張っているのが特徴的です。
まんぷく食堂を出たらすぐ目の前にあります。

こちらが反対側です。
宇治山田駅は地上3階にホームがあるので、ここから3階まで駆け上がります。
とてもバスがすれ違えるほどの幅はなさそうです。

 

鳥羽線開業後も定期観光バスが乗り入れて1994年まで現役で稼働していたとのこと。
観光バスの発着もできるみたいですね。
ブラタモリの収録で2016年にも稼働したみたいですが、見ていないので詳細は不明。


[スポンサードリンク]


ホームから宇治山田駅のバス転車台を見る

続いてホームからバス転車台を見学します。
テレビ番組で紹介されて知名度もあがったからか、
わざわざ「転車台」と書いてありました。

転車台は1番ホームの先にありますので、
特急列車を1または2番ホームにいれて、
バス乗り換え客を誘導していたのでしょう。

 

1・2番ホームは転車台が設置されている関係で有効長が6両と短くなっています。
バス乗換の役目を終えている現在は、6両で運転される急行発着が中心のようです。
ただ、今のダイヤでは急行も隣の五十鈴川駅まで運転しているので、
このホームは使われているのか疑問。

転車台は年季が入ってサビが凄いです。
オーバーランしないように先端部分が浮き上がった構造になっていますね。
これは新たな発見でした。

伊勢市駅側。
アプローチ線はバスのすれ違いが難し幅でしたが、
ホーム上はすれ違えるだけのスペースはあります。
複数台バスを縦列駐車することはできたようですね。

操作盤の電源は落とされていました。
使っていないので当然といえば当然ですが。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください