快速仙台シティラビット5号郡山から通し運用!


仙台シティラビット 青春18きっぷ


鉄道コム


福島駅に到着して昼食を済ませて1時間ほど空き時間です。
雨が激しくなってきました。
天気予報では雨だったと思います。
福島で土砂降り喰らうとは。


[スポンサードリンク]


仙台シティラビット 青春18きっぷ
福島から快速仙台シティラビットに乗車します。
宇都宮線の快速ラビット号にちなんでこのネーミングになったようです。
目的は福島~仙台の高速バスへの対抗なのですが、相手は高速バスですから座席のクオリティを考えると厳しい物がありそうです。
ある意味、青春18きっぷユーザーのためにあるような列車かもしれません。
別料金は不要ですよ。
全車自由席です。

 

 

車両が郡山方面から入線してきました。
どうやら郡山11:56発普通福島行き1139M列車がそのまま13:00発の快速仙台シティラビット5号に入るようです。
となると、郡山から通し運用ということになります。
郡山でこの列車を待ったほうが良かったかもしれません。
車両が719系だったのは幸いかもしれません。
ここまで延々と701系でしたからね。

 

 

停車駅は

  1. 福島
  2. 東福島
  3. 伊達
  4. 桑折
  5. 藤田
  6. 白石
  7. 大河原
  8. 船岡
  9. 槻木
  10. 岩沼
  11. 名取
  12. 仙台

雑記

DSC01949
隣の駅が南福島と東福島。
なんとも捻りのない駅名。


[スポンサードリンク]


 

 

日本には同じ駅名が幾つか存在します。
関西には福島駅と郡山駅があります。
福島は大阪環状線、郡山は関西本線です。
運賃比較をしてみました。
(環)福島→(関)郡山…690円
(北)福島→(北)郡山…820円
運賃もさほど違いなく。
以上です。

 

 

DSC01950
211系が疎開留置されていました。
3両に組み替えてあるので、長野地区への転用車両かと思われます。
ここまで来る間にも結構211系の留置を見ました。
一時期は209系もあちこちでみられましたからね。
そういえば209系の改造はまだ続いているみたいです。
これが完了すると房総エリアの211系が全て置き換わるでしょう。

 

 

DSC01951
山形線の719系5000番台。
こうしてみると標準軌は広いなと感じます。
かつては4駅連続スイッチバックで板谷峠を超えていたものの、現在は高性能が軽々通過していきます。
まさかの新幹線転用ですからね。
その時代に乗っていたら楽しかったかもしれません。

 

 

→2013年08月20日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です