山陽電鉄完乗(網干線)+網干発大垣行き全区間乗車【青春18きっぷ2012冬その3】




鉄道コム


この記事は2013年01月06日の話です。
2017年09月17日に執筆しました。


[スポンサードリンク]


 

青春18きっぷ2012年冬の陣第3回目になります。
このときは山陽電鉄の完乗と網干発大垣位置の完乗です。
網干発大垣行きの全区間乗車はいつかやってみたいなと
考えていたことでようやくやる気が出てきたのでやりました。
そのときの記録です。

名古屋駅→米原駅(JR東海|東海道本線)

毎度のことですが東海道本線・山陽本線を下って行きます。
今回のメインイベントが網干駅17:04発ですから遅くに出ても問題ありません。
名古屋駅出発は11時前でした。

 

この時間帯になると米原駅まで直通する列車はありません。
新快速大垣行きなので大垣駅での乗換が必要です。
とりあえず大垣駅まで。

大垣駅からは117系に乗車して米原駅へ。
2013年代や改正で117系の定期運行終了がアナウンスされています。
定期運行で最後に乗車したのがこのときでした。

そのあと水都大垣トレインに乗車しているのでこちらが乗り納めです。
(JR西日本では現役なのであくまで東海管内での話)

米原駅→姫路駅(JR西日本|東海道本線・山陽本線)

米原駅からは新快速に乗り換えてさらに西へ。
彦根駅には西武鉄道から譲渡された新101系の姿がありました。

改造されてこのような姿になっています。

 

今回は山陽電鉄の乗りつぶし完乗なのですが、
過去に直通特急に全区間乗車して本線は終わっています。

その後もこのような企画を実施しているため何度か乗車していました。
なので今回は網干線に限定して乗車します。
新快速列車は姫路駅まで乗車しました。

姫路駅には15時前に到着。
姫路に来たらだいたいまねきのえきそばを食べるようにしています。
14~17時はタイムサービスをしているため少しお得です。
それも狙って遅くにでたわけですが。

山陽姫路→山陽網干駅(山陽電鉄|本線・網干線)

そのあとは徒歩で山陽姫路駅へ移動します。

網干線は直通特急で1駅先の飾磨駅からの分岐です。
黄直特で飾磨駅まで向かいました。

 

飾磨駅で下車してまた立ち食い蕎麦屋に向かいます。

私は高速そばのぼっかけ蕎麦が好きです。
そのぼっかけ蕎麦が山陽そばでも取り扱いがあり、
飾磨駅でも食べられるということで行ってみたいと考えていました。

山陽そばのぼっかけ蕎麦は高速そばのと違ってこんにゃくがないようです。
こんにゃくあってのぼっかけ蕎麦です。
なので普通の肉蕎麦という感じでしたね。
やはり私は高速そばのぼっかけ蕎麦が一番です。


[スポンサードリンク]


飾磨駅から網干線に乗車して山陽網干駅に向かいます。
網干線は単線で15分間隔であるため交換設備のある山陽天満駅で
ほぼすべての列車が交換します。

 

付近には他に天満駅がないのですが、
大阪環状線に天満駅があるため区別する意味で山陽を付けているのでしょう。
これは終点の山陽網干駅・山陽姫路駅・山陽明石駅にも言えることです。

駅奪取

私はコロプラの駅奪取をやっています。
山陽と冠が付くと別駅の扱いになるのです。
位置登録が非常にシビアになるためなんとも複雑な思い。
天満駅の場合は場所が全然違うので良いですが、
明石駅と山陽明石駅の取得は厄介でしたね。

山陽本線と山陽電鉄本線は並走区間が長く新快速からだと、
取得が難しいため各駅停車で名古屋駅まで戻りすべて取得しています。
よくやったなと思いますね。
このあとやる網干発大垣行き全区間乗車よりも大変です。

山陽網干駅には16:01に到着です。

山陽網干駅→JR網干駅(徒歩)

ここからなのですが今回のメインイベントは網干発大垣行き全区間乗車。
JR網干駅まで行かないといけません
これも有名な話ですがJR網干駅と山陽網干駅は3km以上離れているわけです。
乗換駅ではありません。

 

なので山陽網干線で来た道を戻るのが賢明な判断ですが、
せっかくなので歩いて乗り換えてみようと考えたわけです。
ということでJR網干駅まで歩きました。

画像の撮影時間によるとこちらの画像が16:05で

こちらの画像が16:45となっていたので40分で歩ききったことになります。

Google Mapsで徒歩の時間を調べると40分で出るのでぴったりですね。
17:04発の大垣行きにも無事間に合いました。

網干駅には謎の機関車が展示されています。
南阿蘇鉄道でトロッコ列車を牽引しているあの機関車みたいです。

 

形式はDB2というそうです。
北沢産業網干鉄道の機関車のようですが詳細はよくわかりません。

網干駅→米原駅(JR西日本|山陽本線・東海道本線)

網干駅のホームで大垣行きの入線を待ちます。
出発10分前に6+6の12両編成で入線してきました。

この網干発大垣行きは2016年の改正で廃止され米原止めになっています。
それもあって2016年の改正前に乗り納めをしてきました。
時間や編成などは多少変わっていますが、
詳細は上の記事を参考にしていただければと思います。

米原駅→名古屋駅(JR東海|東海道本線)

米原駅に到着してJR東海エリアへと入っていきます。
ここまで来ると「米原方面」の表示が消えて「大垣」のみとなります。
隣のホームにいる新快速は1時間後に姫路駅を出た列車です。
新快速の俊足がよくわかります。

このあとも引き続き乗車して大垣駅へ。
大垣駅到着後は快速豊橋行きで名古屋駅まで戻り終了しました。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です