三原駅から赤穂線経由で播州赤穂駅へ【播州赤穂行き全区間乗車】




鉄道コム


↑前の記事の続き


[スポンサードリンク]


三原駅からは播州赤穂行きに乗車して播州赤穂駅まで行きます。
赤穂線経由の列車は山陽本線経由の列車より遅いため、
岡山駅で乗換が必要な場合が多いようですが、
ダイヤ検索すると播州赤穂駅まで乗車して乗り継ぐ方が早いそうです。
ということで終点の播州赤穂駅まで乗車します。

乗車したのは115系です。
ここに来てようやく国鉄車両の登場となります。
クハ115-1111と「1」の多い車両でした。

行きに乗車した車両と違いこちらは転換クロスシートに改造されています。
側面を見ると115系っぽくありませんね。

三原駅→岡山駅(JR西日本|山陽本線)

列車は定刻通り出発して隣の糸崎駅に到着。
ここから岡山支社の管轄に入ります。
227系は広島支社の車両なので運用範囲は現状ここまでです。
ホームにはいなかったので奥にいるのが乗ってきた車両でしょう。

「吉備之国くまなく旅し隊」ラッピングが留置されていました。
真っ黄色ですが原型を留めている車両ですね。

糸崎駅を出ると線路は海添いを通過していきます。
そして市境を越えて尾道市へ。

天気が曇天なのであまり見晴らしはよくありませんが、
しまなみ海道と因島が右手に見えます。

 

尾道駅を出ると山陽本線は内陸部に入っていき、
ここから先は特に特徴のない風景が続きます。
気づいたら岡山県内に入っており、倉敷駅に到着です。
2日ぶりの倉敷駅にやってきました。

倉敷駅はなまこ壁模様が特徴的です。

これを見ると2004年に生まれてはじめて寝台特急富士に乗ったとき
思い出がよみがえります。
前日の台風で山陽本線が土砂崩れを起こしたらしく、
倉敷駅で運転取りやめとなり岡山駅へ引き返すことに。

本来であれば払い戻しになるのでしょうが、
そこから新幹線振替となり九州方面へ向かいました。
寝台特急券で新幹線に乗車するというレアケースに遭遇。
これが正しい措置だったかは分かりませんが。

そのときに乗車したのが100系こだま4両だったのですが、
生涯100系に乗ったのはこれが最初で最後です。

2012年の改正で引退だったので300系と同時でした。
これが乗り納めになるとは…


[スポンサードリンク]


倉敷駅で特急やくも18号と並びました。
3分ほど遅れて運転していたようです。
特急やくも18号の発車を待って出発したため多少の遅れ。

行きに通過した高架線を今度は下から見ます。

三原駅→岡山駅(JR西日本|山陽本線)

岡山駅に到着。
遅れは出ていましたが岡山駅では後続列車接続のため数分停車するので、
ここで定刻通りに回復。
播州赤穂行きなので乗り換えず車内で待機。

向かい側には快速サンライナー福山行きが出発待ちをしていました。
車両は今でも117系です。
専用塗装の117系が使われていましたが、今では例に漏れず真っ黄色。

備中高梁駅からの列車を接続して定刻通り出発。
平日の15時台ですが2学期がスタートしているため学生が多いです。
車内は混雑した状態で出発しました。

 

混雑したのは東岡山駅までで、そこから先は比較的空いている印象でした。
もちろん沿線に学校が点在しているため、
学生の乗降は頻繁に行われていました。
地方に来ると鉄道は学生のためにあるようなものですからね。

赤穂線は相生駅~播州赤穂駅には数年以内の乗車がありますが、
東岡山駅~播州赤穂駅は2004年以来なので10年以上前。
久しぶりの乗車です。

小豆島は高松から行くイメージが強いですが最短ルートは日生みたいですね。
地図で見ても高松の方が近いような気がするのですが、どうなのでしょうか。
ここでひるね姫ラッピング車と離合したのですが、

 

突然の登場だったので撮り逃す…聖地は下津井らしいですね。
映画公開前にYouTubeで頻繁にCMが流れていたので名前だけを知っていました。
聖地がどこかという話はまったく知らなかったので不意打ちです。

県境を越えて兵庫県へ。
天和駅の横には三菱の工場への専用線があります。
赤穂線にも貨物列車が走るようです。

赤穂市に近づいてきたら一気に工業地帯という風景になりました。
先ほどの三菱もそうですが、赤穂と言えば塩です。
大規模な製塩工場が見られました。

2時間50分の長時間乗車を終えて17:05に播州赤穂駅に到着。
播州赤穂駅では普通列車姫路行きに接続しますが、
この列車は見送ります。
次の列車が17:48発長浜行きなので始発から乗車できるわけです。

名古屋到着は遅れますが姫路駅からの着席を考えたら、
始発駅である播州赤穂駅から乗った方が確実と判断しました。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です