神戸電鉄で有名温泉地有馬へ2【青春18きっぷ2013春】




鉄道コム


鈴蘭台で粟生線普通と接続してから三田行きも出発します。
有馬線はしばらく複線区間が続きます。


[スポンサードリンク]


DSC01281

DSC01283
準急は鈴蘭台から先は各駅停車です。

DSC01282
運転台を見ると連続式ATS表示器に50が点灯しはじめました。
神戸電鉄は山岳鉄道ともいえます。
全国登山鉄道‰会にも所属しています。

 

勾配が連続しているので速度超過にならないように速度を監視する対応のATSかと思われます。
この50が点灯している区間は速度が50km/h以下での走行になっていました。


[スポンサードリンク]


DSC01285
谷上に到着です。
谷上では北神急行電鉄に乗り換えができます。
北神急行は神戸市営地下鉄西神・山手線との直通運転をしているため三田・有馬方面から三宮方面へ行くにはここでの乗り換えが便利になります。

 

北神急行との乗り換えの利便性を確保するためか上下両列車が3番線から発車します。
これにより神戸電鉄と北神急行電鉄は同一ホームでの乗り換えが可能になっています。

DSC01286
ひと世代前の車両、5000系です。
5000系からVVVFが採用されたようです。

 

有馬口に到着しました。

→2013年4月4日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください