300系新幹線乗り納めと大阪の未乗区間乗りつぶしたときの話【青春18きっぷ2012春その2】




鉄道コム


この記事は2012年03月11日の話です。
2017年09月07日に執筆しました。


[スポンサードリンク]


 

2012年03月11日は青春18きっぷ2012年春の陣2回目です。
次のダイヤ改正で300系が引退することが決まっています。
ということで引退前日である03月11日に乗り納めをすることにしました。

 

岡山ひかりなので米原・岐阜羽島は通過します。
そのため京都駅→名古屋駅で乗車することにしました。
京都駅の出発が17:56ともう1時間遅ければなという時間なので、
とりあえずそれまで大阪の未乗区間を乗りつぶして、
時間つぶしをすることにしました。

西梅田駅→住之江公園駅(大阪市交通局|四つ橋線)

最初に乗車したのが大阪市交通局四つ橋線です。
これまで全く縁がなく乗ることがありませんでした。
よって今回初乗車となります。

 

もちろん終点の住之江公園まで乗車しますので、
初乗車・初完乗です。

住之江公園駅→コスモスクエア駅(大阪市交通局|南港ポートタウン線)

四つ橋線の終点駅である住之江公園駅は南港ポートタウン線の起点です。
ということでついでに南港ポートタウン線も乗車します。
南港ポートタウン線は新交通システムです。

 

中ふ頭~コスモスクエアは大阪港トランスポートシステム(OTS)が
運営しており相互直通運転という形を取っていました。
それが全区間大阪市交通局に編入されています。

 

かつては事業者が異なるため初乗り運賃による割高が原因で
利用者が少なかったようですが、現在は増えているとのこと。
もちろん大阪市交通局が発行する1日乗車券でも全区間乗車可能です。

 

場所が場所だけに乗りに来ない限り使う用事がないため、
これにて初乗車・初完乗となりました。

コスモスクエア駅→本町駅(大阪市交通局|中央線)

南港ポートタウン線の終点駅であるコスモスクエア駅では
大阪市営地下鉄中央線と接続しています。
コスモスクエア駅~大阪港駅も南港ポートタウン線と同じく、
OTSが運営していましたが大阪市交通局に編入されています。

 

自前の車両も保有しており中央線のラインカラーではなく、
オーシャンブルーの目立つ車両だったようですが、
現在は他の中央線の車両と同様に緑のラインをまとっているようです。

 

中央線は近鉄東大阪線が学研奈良登美ヶ丘駅まで
延伸した後に乗車してきました。
そのときに長田駅~本町駅は乗車したので、
コスモスクエア駅~本町駅が未乗でした。
今回で中央線も完乗となります。

本町駅→なかもず駅(大阪市交通局|御堂筋線)

本町駅からは御堂筋線に乗車してなかもず駅へ向かいます。
御堂筋線もなんばより先が未乗となっていました。
なかもず駅まで行くことで南側は完乗となります。

北側は翌年の北大阪急行乗りつぶしの時に乗して完乗を果たしました。

中百舌鳥駅→泉北和泉中央駅(大阪府都市開発|泉北高速鉄道線)

中百舌鳥駅からは泉北高速鉄道線に乗車します。
南海高野線は乗車したことがありますが、
泉北高速鉄道線はこれがはじめての乗車です。
1系統しかないので単純往復で完乗となります。

乗車するのは南海電鉄の車両でした。

泉北和泉中央駅→三国ヶ丘駅(大阪府都市開発|泉北高速鉄道線/南海電気鉄道|高野線)


[スポンサードリンク]


終点の泉北和泉中央駅に到着したら特にすることはないので、
そのまま折り返します。
運良く泉北の車両が来てくれました。

 

7000系と言うそうですが7000形は中間車で、
先頭車は両端とも500番台となっているようです。

7000系の準急行に乗車して三国ヶ丘駅に行きます。
ここでJR線に戻ります。

三国ヶ丘駅→東羽衣駅(JR西日本|阪和線)

三国ヶ丘駅からは阪和線に乗車して鳳駅へ。
そして鳳駅からは羽衣線に乗車します。
羽衣線というのは愛称で実際は阪和線の支線とのこと。
JR東海の美濃赤坂線みたいなところでしょうか。

あとは山陽本線の和田岬線。
こちらは和田岬線と違って日中も毎時4本あります。
乗りつぶしには問題はありません。

羽衣線は103系3両での運用です。
いまだに103系が現役なのもJR西日本とJR九州のみ。
JR九州は新型の投入で置き換えが進んでいますが、
JR西日本では阪和線が最後まで103系が残るのではないかなとみています。

東羽衣駅はすぐ横に南海電鉄羽衣駅があります。
羽衣駅からは高師浜線が延びているので同時に乗りつぶすのが効率的なのですが、

昨年すでに南海電鉄は完乗を果たしているため乗る必要がありません。
そのときは乗らなかったので、今回は残作業の仕上げですね。

名古屋駅まで300系乗り納め(JR西日本・JR東海)

東羽衣駅にきたあとは300系の乗車時間が迫ってきているので、
京都駅に直行します。
特により道をせず鳳駅から紀州路・関空快速で大阪駅まで出て、
そこから東海道本線を上って京都駅へ行きました。

京都駅に300系が滑り込んできました。
もうこれで300系に乗ることはないのですね。
はじめて300系に乗車したのが中学校の東京への修学旅行のとき。

 

300系と言えばのぞみ号でしたが、
当時は普通にひかり号の運用にも入っていましたね。
0系は撤退して100系も数を減らしていた時期ですから、
本数もそれなりにそろっていたのが理由でしょう。
そんなことを思い出しながら乗車しました。

私はJ-WEST会員であるためエクスプレス予約が使えます。
ひかり号は自由席が5両ありますが岡山始発なので着席は微妙。
エクスプレス予約なら自由席料金で指定席が確保できるので、
12号車の席を予約しておきました。
(12号車に特に理由はありません)

 

このなかにも葬式乗車をしている人がいるでしょう。
休日夕方の東京行きとあって混雑はしていましたね。

 

京都駅から名古屋駅まではわずか40分。
いつも在来線で2時間かけていく京都駅まで1時間以内で行けてしまうと言う。
コレになれてしまうとこの先青春18きっぷが使えなくなりますね。

名古屋駅に到着した後は300系の発車動画を撮影して幕を下ろしました。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です