381系やくも号グリーン車乗車のため名古屋駅から岡山駅へ!【青春18きっぷ2017夏その3】




鉄道コム


2017年09月03日に青春18きっぷ夏の陣第3回を実施。
今回は2泊で3~5回が連続しています。
正直言って日帰りで行けそうな場所はだいたい乗りつぶしが
終了しているので宿泊がないと厳しいですね。


[スポンサードリンク]


 

今回の目的地は2018年に廃し予定の三江線。
葬式鉄とやらになってきます。

名古屋駅→米原駅(JR東海|東海道本線)

08:03発の特別快速で米原駅まで行きます。
日曜日なので米原直通があるため大垣乗り換えが不要。
楽で良いのですが行楽客も多いので混みますね。
米原駅まで座ることができませんでした。

 

09:19発の新快速で姫路駅まで行きます。
この新快速は平日は運転されません。
代わりに普通列車が運転され草津で乗り換えが必要です。

 

その影響で朝が30分も早く出ないといけないことがわかりました。
できるだけ平日に実施しているのですが、
今回休日出発としたのは米原からの新快速接続が理由です。

 

ただ、この選択が大田市駅であの車両を見るきっかけになろうとは…
計画段階ではまったくノーマークでした。

米原駅→姫路駅(JR東海・JR西日本|東海道本線・山陽本線)

乗り慣れた東海道本線・山陽本線なので特に変わったことはなし。
島本駅で撮影班がいたので何が来るかなと思っていたら、
高槻駅で681系の非リニューアル車と離合。
試作車の1000番台かどうかは判別できませんでした。

 

これかなと思ったのですが、
そのあとにEF81トワイ釜が単機で京都方面へ向かってきました。
おそらくこれの撮影班だったのかなと。

 

摂津富田~茨木駅間でJR総持寺駅の工事をしていました。
代わり映えがないといいながらも駅がどんどん増えていきますよね。
2018年春開業ということで次の改正が開業時期でしょう。

 

新快速列車では車掌持ちのタブレットによる自動放送も
実施されているという話は聞いていたので実際に聞いたのですが、
端末のスピーカーをマイクに当てるだけの簡易的なやり方なので音質は悪い。

 

高速運転する新快速なので騒音が大きいです。
なにかしゃべっている感じはなっても聞き取れませんでした。
近鉄みたいにイヤホンジャック?に繋ぐようなやり方でないと
中途半端な感じがありますね。
車両数が多いので改造するのは大変かもしれませんが。

約2時間半で姫路駅に到着。
ちょうど昼の到着だったのでまねきのえきそばを食べておきます。

接続時間が20分程度しかなかったので急いで食しました。
むかしは冷やしがあったのですがなくなったみたいで熱いののみ。
それでも急いで食べられるように温度は調整されているのでしょう、
なんとか10分で平らげました。

姫路駅→岡山駅(JR西日本|山陽本線)

姫路駅から岡山駅まで移動するのですが、
日中は播州赤穂行きで相生駅まで移動して乗り換えとなります。
播州赤穂行きに乗車するのですが、
やってきたのが225系100番台の4両でした。

種別は幕にこだわり続けたJR西日本ですがついにLEDになりました。

相生駅から先はいよいよ真っ黄色エリアに入ります。

岡山支社の115系は転換クロスシート改造されている編成もいますが、
乗車したD-22編成はボックスシートのままでした。
車内はそこそこ混雑して相生駅を出発。

途中万富駅で213系と離合。
この車両を山陽本線のこの区間で見たのははじめてです。
運用範囲は和気駅~糸崎駅とのこと。
岡山支社管轄の区間では幅広く運用されているようです。

 

1時間11分の乗車で岡山駅に到着しました。
岡山駅に到着したらみどりの窓口へ向かいます。
本日のメインイベントとも言えるやくも15号の特急券を受け取るためです。


[スポンサードリンク]


東海エリア在住でありながらJ-WESTの会員なのでe5489が使えます。
あらかじめ予約した特急券を受け取りました。

特急やくも15号の出発待ちをしていたら通過列車が来るとのこと。
何が来るか待っていたらなんとEF65形1000番台PFが単機でやってきました。
撮影班の姿はなかったので突発的な臨時回送かなにかでしょうか?

出発4分前に381系やくも15号が入線。
時刻表でパノクロでないことは把握していたのでゲンコツで驚きはないです。
やくも号に乗るのは11年ぶりで全区間乗車するのははじめて。

381系やくも15号グリーン車繁盛

今回お世話になるグリーン車です。
グリーン車マークがものすごく控えめなんですが、
デザイン的に問題があるのでしょうか?

日曜日ということもあってかグルーン車は混み合っていましたね。
その理由は後ほど触れるとしましょう。

381系のゲンコツグリーン車は元普通車です。
それもあって窓割りが合っておらず、アタリ席とハズレ席が極端。
事前に勝ち席を調べて最強だろうと思われる7Cを予約しました。

7Cが座席の真横が窓枠であるため前方に向かってワイドな車窓が楽しめます。
ただしこれは出雲市行き限定で、岡山行きとなると真横が窓枠の負け席です。
その代わり6Cが勝ち席になりそうな気がします。
e5489はシートマップから席が指定できるので本当に便利です。

シートピッチもとても広いです。

さすがにボックス席を前提としたフジサン特急のような広さはないですが、
旅行カバンを足元に置いてもさほど気になりません。
それで犠牲になっているのが窓割りなのですが…

さて、今回ゴージャスにグリーン車を選びました。
ゴージャスとは言いますがご覧のようにグリーン料金は1,030円です。
e5489の3日前までに予約するとe早特割引が適用されてグリーン料金は
1,030円になってしまいます。

 

3時間12分と長時間乗車となるのでグリーン車でも悪くありません。
1,030円でアッパークラスにできるなら迷いはなかったですね。
381系にグリーン車に乗る機会はこれが最後だろうし。

↑普通車は乗車済みなので今度はグリーン車ということで。

 

乗車している全員がJ-WESTの会員とは見えませんが、
1,030円でグリーン車に乗れるなら出しますよね。
(老夫婦が多かったのでフルムーンパスも多いかも)
予約の段階で席はある程度埋まっていたのでJ-WEST会員も使ってそうです。

 

そして列車は定刻通り出発して出雲市駅を目指します。

次の記事



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です