宇都宮駅から約3時間通し乗車!上野東京ラインで沼津駅へ




鉄道コム


黒磯駅から戻ってきたらあとは名古屋に向かって進むだけ。
さすがに宇都宮駅となると出発時間が早いです。


[スポンサードリンク]


 

目標はいつもどおりのホームライナー浜松3号にあわせることなのですが、
せっかく宇都宮駅から乗車するのでできるかぎり長距離乗車にできないか調べてみました。

14:06発の小田原行きに乗車するのが良さそうな感じだったので、
それで西に向かって進むことに。
1時間前は伊東行き、1時間後は熱海行きなので残念な感じがしますが、
時間の都合なので仕方がありません…

以前、逗子駅→小山駅の長距離乗車をしたことがあります。

宇都宮駅→平塚駅(JR東日本|上野東京ライン)

14:06発の普通小田原行きに乗車します。
宇都宮始発なのでさすがにボックス席が確保できました。
長距離乗車なのでグリーン車でも良いのですが、
平日のグリーン車料金は高いんですよね…

 

宇都宮駅を出発して東北本線を南下していきます。
見所らしき所はいくつかあるので、
そちらを観察しながら進んでいきましょう。

最初の見所は栗橋駅でしょうか。
ここは東武日光線との乗換駅です。
2006年からは特急列車の相互乗り入れが開始されて、
日本では珍しい直直デッドセクションが設置されています。

事業者の境界はおそらくエアセクションが組まれることが多いと思いますが、
栗橋駅は乗務員交代をするため低速で通過します。
それが理由でデッドセクションになったのではないでしょうか?

スペースが確保できない場合もデッドセクションになります。
理由はどちらかでしょう。

次に気になったのが東鷲宮駅。
この駅は上りホームだけ高架になっているのです。
理由は構内併設の貨物基地への引き込み線が平面交差にならないようにするためとか。
新幹線のレールはここから搬入しているらしいです。

さいたま新都心駅。
珍しいというわけではありませんが、
たまたまEF210形電気機関車がタキを牽引していたので撮影しました。
名古屋でタキを牽引しているのはEF64かDD51なので新鮮です。

尾久駅です。
尾久といえば長らく客車の基地として君臨していましたが、
いまでは留置線には電車ばかり。
一応客車の姿はありましたが、これらは使われている形跡なし。
右奥にカシオペアの呼び電源車の姿もありますね。

ところどころに元北斗星の客車が置いてあります。
廃止されてから1年以上経過していますが、
解体されていないということは譲渡予定があるのでしょうか?

EF65形1000番台(PF形)とEF81形星釜の姿もありました。
星釜は黒磯駅を通過できるので重宝されていそうです。
カシオペアクルーズの牽引もしているみたいなので。

 

東北本線(宇都宮線)の旧起点である上野駅。
いつもならここで乗り換えですが上野東京ラインのおかげで乗り換え不要。

上野東京ラインは昨年乗車済み。


[スポンサードリンク]


ここから山手線と並走が品川駅まで続きます。
こちらの方が駅が少ないはずですが、ずっとレース状態でした。
やはり停車時間や加速力の違いなのでしょうか。

E235系と3回ほどすれ違いました。
昨年はまだ1編成しかいなかったのに、一気に増えたなと言う印象です。

平塚駅→熱海駅(JR東日本|上野東京ライン)

平塚駅で一度下車します。
湘南新宿ライン経由の特別快速に追い越される運用です。
このまま乗車しても良いのですが、
小田原から先の接続が微妙なので乗り換えます。

ここまで約3時間、ボックスシートに座りっぱなしは腰に来ますね。
やっぱりグリーン車に乗るべきだったかも…
特別快速に乗り換えて小田原駅まで向かいました。

小田原駅では対面乗り換えで熱海行きに接続します。

小田原駅を出ると東海道本線は海側に接近します。
特に根府川駅はホームから海が見えるのです。
こんな海が見える駅を15両編成の列車が走ります。
なんか面白いですね。

熱海駅に定刻通り到着。
これにてJR東日本エリアも終了。

野菜の日ポスターともお別れです…

宮ヤマと横コツの併結運用あり

ここまで来る間にすれ違った列車の所属をずっと見ていました。
基本編成と付属編成はそろっているので混ぜ運用はないのかなと思ったのですが、

乗っていた編成は宮ヤマ(基本)+横コツ(付属)でした。
所属が違っても連結運転は普通にしているようです。
(見た感じ元横コツの編成のように見えますが)

マリンエクスプレス踊り子の案内が丁寧

はじめて知ったのですがマリンエクスプレス踊り子が運転されているようです。
08月24日は平日なのですが。
外国人観光客向けなのかご丁寧にイラストつきの案内でした。
これならわかりやすいかも。

熱海駅→沼津駅(JR東海|東海道本線)

熱海駅からはJR東海エリアに入ります。
JR東海と言えば313系です。
どこに行ってもやってくるようになりましたね。

 

211系+313系の編成だったので211系側に乗車しました。
313系に乗らず名古屋駅まで戻っていきたいと思います。
この言葉に偽りはありません。
313系を使わなくても名古屋まで戻れるのです!

次の記事



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です