高崎駅から両毛線経由で宇都宮へ|在来線最終列車は22時台の宇都宮駅|NewDaysに立ち寄って10周年…




鉄道コム


本日の目的地は宇都宮駅です。
高崎駅から宇都宮駅へ行こうとすると2パターンあります。


[スポンサードリンク]


  1. 高崎線を南下したのちに東北本線で宇都宮を目指す
  2. 両毛線で小山駅へ出て東北本線に乗り換え宇都宮を目指す

どちらのルートをとっても時間はそれほど変わりませんでした。
調べた限りでは高崎線経由の方が早いようです。
乗りつぶしは完了しています。

高崎線は快速ムーンライトえちごで完乗できます。

両毛線は記念Suicaを購入したあとの大回り乗車で完乗。
どちらで言っても良いかなと言う感じでした。

 

迷った末、両毛線経由で小山駅を目指すことにしました。
高崎線経由だと大宮駅から先が座れるか不安だったためです。
両毛線なら比較的すいているかなと思いました。

高崎駅→小山駅(JR東日本上越線・両毛線)

小山行きは19:42発で接続時間は20分。
車両は想定はしていましたが、予想通り211系でした。
両毛線は群馬県の県庁所在地である前橋駅を含みます。

 

その影響もあってか高崎駅を出る時点では混雑していました。
ロングシートがほぼすべて埋まっているくらいの混雑ですが。

両毛線の幕は黄地なんですよね。

大回り 両毛線

107系時代は普通に白色だったはずですが。
なぜ黄色なのかよく分かりません。

 

列車は定刻通り出発していったん上越線を北上して、
新前橋駅から分岐して両毛線に入ります。

新前橋駅は3年前に利用した駅です。
時間が経つのが早いなと感じる今日この頃。

 

両毛線に入って最初の停車駅が前橋駅です。
群馬県の県庁所在地のある駅ですが基幹線となる高崎線や上越線から
外れていることもあって中核都市は高崎市です。

 

ベッドタウンとしての機能が強いのかここで乗客の入れ替わりがありました。
降りる人もそこそこいましたが乗ってくる人も多かったので、
混雑度は変わらずと言ったぐあいです。

 

次の主要駅は伊勢崎駅です。
ここは東武伊勢崎線の終点駅でもあるため乗換駅。

両毛線の列車の行き先にもなる駅なので降りる人が多いかなと思ったのですが、
あまり混雑緩和にはなりませんでしたね。
一応、伊勢崎駅から座ることができました。

 

混雑が収まったのは桐生駅でした。
見た感じここまで乗車している人はサラリーマン風ではなく買い物客風。
通勤圏ではなさそうですが高崎駅まで買物に出かけられる距離のようです。

 

桐生の次の主要駅は足利駅と佐野駅です。
どちらも市を代表する駅ですが特に乗ってくる人はいませんでした。

佐野駅は東武佐野線の乗換駅なのですが、乗客はほぼなし。
両毛線の閑散区間にはいっているようです。


[スポンサードリンク]


大きな利用者の入れ替わりがあったのは小山駅から2つ手前の栃木駅です。
こちらは東武鉄道の大動脈である日光線の乗換駅。
人口16万人の大都市を代表する駅ともあってまとまった乗車がありました。

定刻通り小山駅には21:42に到着。
高崎を出てちょうど2時間です。
なにげに中津川駅→塩尻駅よりもこちらの方が長い。
長距離乗車に限って211系ロングシートなんですよね。

小山駅→宇都宮駅(JR東日本東北本線)

こちらの記事でも触れているのですが、
小山駅の両毛線ホームはなぜか離れています。
そのためはじめてだと迷うかもしれません。
なんとかならないものかと毎度ながら思います。

小山駅で東北本線へ乗り換えてなんとか予定通り22:20宇都宮駅に到着。
この列車沼津18:08発というロングラン列車なんですよね。

↑これに匹敵するかも。
そしてこの車両は折り返し宇都宮駅22:42発最終の大宮行きになります。

そう宇都宮駅在来線は最終列車が22時台なんですよね。
最終列車は日光線の22:48発の日光行きだったりします。
これでも栃木県を代表する駅なのですが。
(ただし到着列車は25時過ぎまであります)

在来線は早々に終わりますが新幹線はまだ動いています。
というのも新幹線は隣の那須塩原駅まで運転されるため、
23時過ぎまで運転されているのです。

 

なので宇都宮駅の最終列車は新幹線だったりします。
最終列車が新幹線という駅は他にあるのでしょうか。
万が一最終列車に乗り遅れても新幹線で追いかけることが可能。

余談

2017年は初音ミクさん生誕10周年です。
5周年のときは札幌まで出向きましたが、
今回は予定があわず断念することにしたのですが、
JR東日本の売店であるNewDaysで前日の22日からキャンペーンがスタート。

宇都宮中央店では限定グッズの販売もあるという事を知って
立ち寄ってきました。
物色したらアクリルキーホルダーが人気らしく、
すでにNewDays制服は売り切れ状態、JR東日本征服は残りわずか。
これは貴重になりそうだと思って買ってしまいました。

 

オリジナルの店内放送もありました。
さすがはJR東日本グループだと思わせます。
こういうのは本場であるJR北海道がやった方がよいのですが、
そういう余裕はなさそうですからね。
JR東日本に感謝です。

札幌市電は毎年やっています。

 

こういうコラボ物は違和感があるのですが、
NewDaysの制服は黒と緑で構成されていることもあって、
まったく違和感がないですね。
NewDaysの萌えキャラといっても通用しますよコレ。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です