軽井沢駅で169系に再会!バスで碓氷峠を下って横川へ!115系前面幕埋車で高崎へ




鉄道コム


軽井沢駅に到着したらここから先はバスです。
軽井沢駅~横川駅は在来線が廃止されてからは、
ジェイアールバス関東がバスを運行しています。
こちらの乗車して碓氷峠を下って横川駅へ参ります。


[スポンサードリンク]


 

軽井沢駅でバスとの接続は50分です。
時間があるので軽井沢駅を散策して時間を潰します。

軽井沢駅散策

碓氷峠といえば鉄道ファンの間では言わずと知れたの場所。
EF63形電気機関車による協調運転が実施されていた場所です。
機関車の増解結が日常的に行われていたため軽井沢・横川とも
構内は広かったようです。

しかし、現在はその必要がなくなりしなの鉄道も本数が
多くて1時間あたり2本のため1面2線で対応できるようです。
しなの鉄道のホームの向かいにはJR時代のホームと、
EF63形電気機関車が留置されていました。

 

(旧)軽井沢駅舎記念館として活用されていたようですが
2017年08月現在は閉館しているとのこと。
4月まで営業していたらしいのでそのまま放置されているようです。

しなの鉄道のホームは横川方向まで伸びています。
かつては長大編成の特急列車が停車していた駅ですからね。
現在は長くて6両程度なので立ち入り禁止になっています。
そしてホームの奥には何かが止まっていました。

橋上から篠ノ井方向を見ます。
ちょうど新幹線が入線してきました。
しなの鉄道も軽井沢での接続を意識したダイヤになっているのでしょう。

改札を出て先ほどの場所に向かいます。
留置されているのは169系だろうと思ったらやはりそうでした。
もともと(旧)軽井沢駅舎記念館で展示していた車両を移動させたようです。

クモハ169-6(S52)なのでリバイバル信州に充当されていた編成。

そして翌日の臨時快速列車に充当されていた車両です。
まさかここで再開できるとは。

こうしてみると軽井沢駅構内は広かったんだと思えますね。
今は線路が撤去され自然に返りつつありますが。

おぎのやの立ち食い蕎麦

軽井沢駅でぜひ行っておきたい場所がありました。
ここに行きたくて50分の余裕をつくったわけですが。
おぎのやと言えば峠の釜めしで有名でしょう。

 

それとは別に立ち食い蕎麦もやっています。
話によるとJR東日本の社員で立ち食い蕎麦ランキングをしたら1位になったらしい。
そうと聞けば行ってみたくなるわけです。


[スポンサードリンク]


ちなみに峠の釜めしも頂けます。

山菜蕎麦を注文しました。
出てきたのがこちらです。
一見するとごく普通の立ち食い蕎麦といったところでしょうか。

おぎのやの最大の特徴は生麺を使っているところ。
立ち食い蕎麦といったら給食で出たソフト麺のように茹で済みのものを
再度温めて出すか、
少しランクが上がると冷凍した状態をお湯で解凍するかのどちらか。

 

茹でていない生麺を提供するのは相当珍しいです。
生麺を使っているので蕎麦の風味は強め。
立ち食い蕎麦のなかではレベルが高いと言えます。

 

といっても立ち食いですからね。
ちゃんとした蕎麦屋の蕎麦と比べたら劣ります。
また私も含め立ち食い蕎麦のあの独特の感じが好きな人には、
違和感が強いかもしれません。

軽井沢駅→横川駅(ジェイアールバス関東)

相当早めな夕食を終えてバスに乗車します。
軽井沢駅はバスの発着が多く乗り場に迷います…
乗り場に着くと、すでに列ができていました。

乗車するバスが横川駅からバスがやってききました。

バスに乗車します。
運賃は前払いで510円。
運賃箱はありますが料金表はありません。
軽井沢駅~横川駅専用のバスのようです。

 

バスは定刻通り出発。
国道18号線をひたすら下って横川駅まで行きます。
cosMo(暴走P)の曲にR-18というのがあり
国道18号線ってどこにあるんだと調べたらまさかの碓氷バイパスでした。

それ以来、国道18号線=碓氷バイパスが定着しています。
10周年の聖地巡礼になっているかも?

↑5周年のときは札幌まで出向きました。

 

そんな碓氷バイパスですが対向車を見ているとトラックが多い。
この急勾配をトラックで通過するって凄いなと思いました。
一応上信越自動車道もあるのですが、

バスは定刻通り横川駅に到着しました。
バスは折り返し横川駅発の最終便になります。

 

横川駅に到着する頃には真っ暗です。
夏といえど18時半を過ぎれば暗いですね。

横川駅→高崎駅(信越本線)

横川駅からは再び信越本線です。
107系が運用からほぼ撤退したので211系が来ると思っていました。
まさかの115系驚きです。

 

少し前に前面幕(種別幕)が埋められたという情報を仕入れました。
確かに北陸の車両みたいに埋められていることが確認できます。
理由は盗難対策だそうです。

 

列車は定刻通り出発。
あたりも真っ暗なので車窓もなにもありません。
特筆すべき事もなく高崎駅へ。

次の記事



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です