関西本線加太越え久々に【青春18きっぷ2013春】




鉄道コム


木津は奈良線と片町線の起点です。
奈良線と片町線が妙な路線で、、、


[スポンサードリンク]


奈良線

奈良線は木津~京都を結ぶ路線です。
木津駅は京都府内の駅なので奈良線という名前でありながら奈良県内に路線と駅がありません。

IMG_0735

しかし、奈良線の列車は木津止がなく全列車奈良まで行きますから運用上は京都~奈良を結ぶ路線の役割を果たしています。

片町線

木津~片町を結ぶ路線でした。

でしたというのは、片町駅はすでに廃止済みです。
現在は木津~京橋が片町線となっています。
片町駅不在の片町線なのです。
これは京橋から先をJR東西線に直通させるための措置で、旧片町駅の付近にはJR東西線の大阪城北詰駅があります。

 

計画は片町駅にする予定だったそうですが、それだと移転扱いで新駅設置の補助金が得られなくなるという理由から大阪城北詰という新駅にしたそうです。
ウィキペディアによると。

 

木津を出ると終点の加茂に到着します。
関西本線の西の電化区間はここまでです。

 

木津から先はローカル線漂う峠越え路線になります。
加太越えが有名です。
関西本線の柘植までは大阪近郊区間に含まれます。

 

関東の八高線みたいな位置づけです。

DSC01117

列車も2両編成の軽快気動車です。
かつてはキハ58系など隊列を連ねた優等列車が運行されていましたが現在は普通列車のみのローカル色強い線です。


[スポンサードリンク]


 

現在、奈良県内を走るJRの定期特急・急行列車はありません。
近鉄は特急が多数あります。

IMG_0542

最後の急行列車は急行かすがでした。
しかも車両は名古屋近辺を快速として利用されているキハ75形です。
非常に残念なコトになっていました。

 

車内設備はキハ58系に比べると向上していますが、
急行列車としてはしっくり来るものではなかったですね。
亀山からはJR東海のエリアに入ります。

DSC01118
お馴染みの313系です。
関西本線名古屋口は殆どの区間が単線です。
ラッシュ時のような運行本数が多い時間帯は反対列車待ちが多いです。

 

並行する近鉄名古屋線は複線なので完全に負けています。
かといって複線化しても需要は伸びないでしょうから近鉄の補佐役に徹している感じです。

 

名古屋駅に到着したのは21:51です。
天王寺を16:00に出てからだいたい6時間です。

 

環状線1周が余分なんですが。
大阪~名古屋は東海道本線経由なら2時間30分ほどですから
関西本線経由は時間がかかります。

 

天王寺から名古屋まで来たのははじめてかもしれません。
ここまで来たらJR難波から名古屋まで全区間乗車したほうがネタになったかも。

→2013年3月17日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください