キハ183系スーパーとかち登場!先頭車が自由席で…




鉄道コム


2017年06月25日に2012年09月06日(木)を振り返って書いた記事です。
この日は行程に余裕を持たせておいたので良かったですが、
ギリギリのスケジュールだったら…
特に北海道は本数が極端に少ない区間が多いのでこれは困ります。


[スポンサードリンク]


 

それにしても帯広始発のスーパーとかちが20分も遅れるとはどういうことなのか?
ずっと疑問に思いながら列車を待っていました。
そしてその謎は車両を見て納得。

来たのがコレでした。

  • 電車並みの加速力
  • 車体傾斜装置搭載
  • 130km/h運転

のスジに最高速度110km/hのキハ183系200番台を入れれば遅れますよね。

 

前年に起こったニニウトンネルの事故の影響で車両不足を起こしていたようです。
一応私が一番好きな車両はキハ183系なので大当たりといえばそうですが…

そして編成にはフルグリーン席のキロ182-9(通称キロキュー)まで連結される豪華仕様。
この形式はオホーツク用に一部普通車に変更されたキロハに改造されているため貴重な存在です。

新夕張駅→札幌駅

キハ183系に乗車できてラッキー…とは思ったのですがここで問題発生。
スーパーとかちは札幌側の1両が自由席です。
その自由席の1両がなんと座席数の少ないスランとノーズ…。
自由席利用者は通路まであふれていました。

 

南千歳に到着すると函館行きの特急北斗が停車していました。
こちらからの接続待ちをしていたようです。
さらに札幌方面には北斗星が停車していました。

 

北斗星は南千歳10:41発です。
こちらはさらに悲惨なことになっていたようですね。

 

110km/h性能のキハ183系200番台とはいえ、
北斗星よりは優先されるようです。
スーパーとかちに道を譲っていました。
その後も遅れは拡大して札幌には30分遅れで到着。

札幌に到着するとすぐに後続の北斗星が入線してきました。
こちらは3時間15分遅れの札幌到着です。


[スポンサードリンク]


ふだんどうかは分かりませんが10分程度停車して札幌運転所に回送されていきました。
北斗星は札幌17:12発なのでそれには間に合うでしょう。
折り返しには影響はでなさそうです。
寝台特急に定時制を求めてはいけないと思う次第。

 

今回は北斗星は見られない予定だったので運が良いのか悪いのか。
結局ここまで順調に進んだのが夕張駅までという…

札幌駅→江別駅

この日は札幌発のカシオペアが運転される日でした。
それを白石駅で撮影しようと考えていたので時間つぶしをします。
ということで江別駅まで行ってみました。

江別駅に到着。
列車が通過するみたいなので待っているとオホーツクでした。
先頭は4両しかいないキハ183系100番台ボウズ。
キハ184形からの改造車です。
しかもそのうち1両しかいないオホーツク・とかち色という。

 

毎度そうなのですが計画が狂うとレア車に当たるんですよね。
今回はキハ183系はほとんど見られない予定なのですが、
向こうから勝手にやってきます。
ありがたい話です。

外へ出てみる。
平屋のごく普通の駅と行ったところでしょうか。
駅前はロータリーになっています。
特に何もなさそうなのでホームへ戻り時刻表を見て予定を立てます。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です