札幌市営地下鉄南北線線・東豊線完乗で札幌市交通局制覇




鉄道コム


2017年06月25日に2012年09月05日(水)を振り返って書いた記事です。
宮の沢駅から西11丁目まで戻ります。
西11丁目で下車したのはクリプトン・フューチャー・メディアの本社が
近くにあるからです。


[スポンサードリンク]


 

クリプトン・フューチャー・メディアといえば初音ミクさんの誕生した場所です。
2012年は生誕5周年ということもあってとりあえず来てみました。

クリプトン・フューチャー・メディアは雑居ビルの一角にある中小企業でした。

さすがに内部に入ることができないので入居案内の前で記念撮影をしておきました。
これなら実際に行った証拠になるでしょう。

今は札幌駅付近に移転しているみたいです。
いまや世界進出を果たしているくらいですからね。
業績も好調なんでしょう。

札幌に来たらおさえておきたいのが味噌ラーメンです。
サンヨー食品のロングセラーと言えばサッポロ一番みそラーメンでしょう。
そのモデルとなったのが味の三平と言われています。

しかし場所が大丸藤井セントラルという百貨店のなかにあります。
路上に店舗を構えているわけではなく、
雰囲気も良くあるラーメン店なのでここがモデルという感じではないかなと。
知る人ぞ知るというお店でしょう。

 

見た目は味噌でありながら白いです。
サッポロ一番みそラーメンは赤味噌がブレンドされているからか、
茶色っぽい感じがします。
見た目の印象は違う感じがします。
しかし、モデルとなったと言えば確かに思えました。

大通駅→麻生駅→真駒内駅

早めの夕食を終えた後は地下鉄の全線乗車を再開します。
今度は南北線に乗車します。
なぜかキヨスクがありました。


[スポンサードリンク]


札幌市営地下鉄南北線はゴムタイヤ地下鉄ですが第三軌条方式です。
札幌市営地下鉄東西線と同じく中央案内方式なのですが、
案内軌条がモノレールほどまではいきませんが太いです。

南北線に乗車して麻生まで行きます。
夏ですがあたりは真っ暗です。
北海道の信号機は縦型が当たり前だと思っていたのですが、
横向きの信号があることに衝撃を受けました。

 

今ではよく見かける薄型のタイプの信号機のように見えます。
薄型なので横向きに設置しても問題がないのでしょうね。
このタイプの縦型も見てみた気はしますが。

続いて反対側の真駒内駅です。
真駒内は高架区間にある駅ですがシェルターに覆われているので
あまり実感がわきません。

大通駅→栄町駅→福住駅→大通駅

その後は確か大通駅で下車して東豊線に乗り換えたと記憶しています。
札幌ではなかったと思います。
ちょうど1年前に営業運転を終え引退した7000形に乗車。

栄町まで移動しました。
東山線のコラ画像ではありませんので。

東豊線の案内軌条は太いように見えるのですが、
どうやらI字型(鉄骨みたいな形)をしているようで上部の面積が広いだけのようです。
架空電車線方式なので東西線を走行できるようにはなっているとのこと。
車両基地は東西線と共通の西車両基地。

その後は反対の福住駅まで移動。
特にすることもないので大通駅まで戻りホテルへ向かいます。

最後に札幌のテレビ塔。
札幌の大通を歩いていると名古屋の栄を歩いているように錯覚します。
どう見ても久屋大通なんですよね。
相当似た構造になっているのではないかと思っています。

 

調べてみると同じように思っている人はやっぱり多いですね。
札幌の人が栄を歩くと同じように感じるはずです。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です