名鉄犬山線江南駅~布袋駅にある断路器エアジョイント




鉄道コム


電化設備のネタもやらないと忘れていくので機能維持運転。
今回は名鉄犬山線にある断路器エアジョイントの話です。


[スポンサードリンク]


 

これは他にも何カ所かありそうなので特別珍しいものでは
ありませんが某私鉄保線員いわく謎の設備らしいので
簡単に触れておきたいと思います。

断路器エアジョイント(開閉区分設備)とは?

2本の架線が交わる点は大きく分けて

  • エアセクション
  • エアジョイント

の2つに分かれます。
ものすごく大雑把に見分け方をいうと2本の架線がコネクタで
接続されていればエアジョイント。

コネクタで接続されていなければエアセクションとなります。
ただし、例外と言えるのが今回触れている断路駅エアジョイントです。

江南駅~布袋駅にある断路器エアジョイント

こちらは江南駅~布袋駅にある断路器エアジョイントです。
本来エアジョイントであれば赤丸の部分にコネクタがあり、
2本の電車線は電気的接続されています。

 

しかし、ご覧のようにコネクタはなく独立した2本の架線となっていますね。
これだけ見たら構造はエアセクションです。

続いてき電線を見てみることにしましょう。
なにやらゴチャゴチャしている印象があります。

レバーがあり、入切の操作ができるようになっていますね。
このゴチャゴチャした設備はなにかというと断路器です。
断路器とは上小田井駅の所でも触れていますが、
電気の回路を遮断することを目的に設置する装置になります。

  • ON…遮断
  • OFF…通電

だそうです。

レバーを見てみるととなっていますね。
断路器はONが遮断なのでこれを見ると遮断状態に見えるのですが

接近して見ると2つのき電線は電気的に接続されていることがわかります。
つまり通電している状態です。

 

おそらく入切はON・OFFではなく通電の有無を意味しているのでしょう。
切にした場合は通電板が上にスライドして不通になるものと見られます。

き電線が通電状態なのでエアジョイント

こちらの設備は一見するとエアセクションなのですが、
き電線を見ると接続されていることがわかります。
そうなると2つので電線路に電位差はないため同一き電となり
コネクタがなくてもエアジョイントとなります。

 

しかし、断路器があるため遮断することも可能なので、
遮断した瞬間にエアセクションと化すわけです。
要するにエアセクションとエアジョイントの中間的な役割なのが
断路器エアジョイントとなります。

どのように使われる

ただいま布袋駅は高架化の真っ最中です。
直流電化は並列き電であるため変電所同士が並列接続されています。

 

この区間は石仏変電所柏森変電所が半々(電流)で受け持っているため
線路切り替えのため停電させることになると2つの変電所からの
配電を停止しなくてはいけません。

 

しかし、断路器があるためここで回路を遮断することで石仏変電所のみ
停止で良くなり柏森変電所は通電を続けることができます。
この他にも事故で停電させる必要が出てきても変電所間に断路器を
設けることで停電区間を最小限に抑えることができるなどメリットがあります。

布袋駅は名古屋方面への折り返しが可能な駅です。
よって障害時は布袋駅までの通電を確保が望ましいといえます。
どちらにしても非常時にしか遮断(エアセクション化)されないのでエアジョインのです。


[スポンサードリンク]


高圧配電線断路器

こちらはき電線の断路器だけでなく高圧配電線の断路器もありました。
端子はそれぞれ3本となっていますが接続されているのは2本です。

 

大手の鉄道事業者を中心に高圧配電線は三相交流6600Vに変更されつつ
あるようですが名鉄犬山線は西春以北が信号高圧配電線(単相3300V)単独
なのでこのように2本しか接続されていません。

断路器は3本の端子があるので三相交流6600V用ですが、
大は小を兼ねるで単相でも使用可能なのでしょう。
将来の三相化を見越しているのか三相用が使われていますね。

信号高圧配電線の断路器も入に設定されています。
おそらく通電しているのでしょう。
余談なのですが高圧配電線は交流なので単独配電となります。

 

名鉄では踏切のナンバリングは豊橋方向から岐阜方向に向かって実施する
基準があるみたいなので電気の出所は石仏でしょう。

 

もちろん石仏変電所がダメになった場合は犬山変電所から供給できるよう
単独配電ですが並列接続にはなっているようです。
(柏森変電所は高圧配電線の配電はしていない)

レバーの切り替えは地上からできるようになっています。
切替用の取っ手が架線柱に巻き付けてありました。
赤が入で白が切のようです。

布袋駅高架化1週間前

さて、その布袋駅の高架化の現状も最後に触れておきます。
いよいよ高架化まで1週間です。
架線の設置も完了して切り替えを待つだけ状態です。

布袋駅 仮線切り替え前 上り

仮線切替のときは袋詰めのバラストに交換されて徐行運転
となっていたのですが今回はなっていません。
この1週間やるのかもしれません。
6月10日より共用開始となる予定なので追って報告していきます。

追記

切り替え工事がはじまったのですが、
断路器は通電状態のままでした。
架線の切替までは通電を維持するようです。
本当に緊急時しか不通にならないかもしれません。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です