名鉄小牧線の動力高圧配電線はより線構造




鉄道コム


前の記事では名鉄小牧線間内変電所の受電と配電について触れました。
新設された変電所でありながら高圧配電線への給電も行っているようです。
ここが犬山線柏森変電所と違うところといえるでしょう。


[スポンサードリンク]


 

高圧配電線も信号と動力の2系統であることも判明。
それだけでも興味深いのですが、さらに面白いことになっています。
間内変電所周辺の高圧配電線についてです。

動力高圧配電線は「より線」

間内変電所から犬山方面はオーソドックスな感じの配線となっています。

  • き電線(直流1500V)
  • 信号高圧配電線(単相交流3300V)
  • 動力高圧配電線(単相交流6600V)

と3系統の電線路が架線柱ビームを伝って伸びています。

 

しかし、上飯田方面(右上)をみるとそうではないようです。
3本のケーブルがより線となって伸びていることが分かりますね。

ということで上飯田方面の配線はこのようになっています。

  • 下り線…き電線と信号高圧配電線
  • 上り線…動力高圧配電線

に設置されています。
もともとこの区間は単線で上飯田線開業に向けて複線化されました。

 

上り線の増設と同時に動力高圧配電線も設置されたのでこのようになっているのでしょう。
ただ、この構造がどこまで続くかは未調査です。

 

動力高圧配電線の引き込み準備工事?

より線構造にすると電線を吊架する碍子が1個で済むなどコストダウンに寄与します。
しかし、3本の電線が干渉しないように絶縁が必須です。

 

6600Vの高い電圧なので絶縁ケーブルカバーも厚さが必要になります。
そうなると後から電線から分岐する場合に不都合が出るわけです。

それを解決するのがこれでしょう。
牛山駅を見るとより線が解除されている場所があります。
もし牛山駅で動力高圧配電線を使用する場合はここから分岐するのでしょう

これが端子ではないかなと。
今の段階では先端は避雷器となっているようです。

 

現状ではここは準備工事に留まっているようで分線はありません。
牛山駅は券売機・自動改札・照明があるため無電ではないです。
踏切用に変換した電源を引き込んでいるのでしょう。

 

今後牛山駅にエレベータ等設置されることがあれば実用化されると思いますが準備工事のまま終わるかもしれません。


[スポンサードリンク]


犬山方面も特徴的な架線

上飯田方面は動力高圧配電線がより線構造になっているとがわかりました。
それでは反対の犬山方面はどうか?

より線にはなっていないためビーム櫓が6線を吊架するタイプです。

  • 上3本…動力高圧配電線
  • 下3本…き電線1本・信号高圧配電線が2本

といったところでしょう。
ちなみにき電線は2本が束になっているので実質1本という意味です。

この状態で間内駅の手前までやってきますが、こちらも上飯田方面と同じようにより線に変わります。

その部分を拡大するとこんな感じでした。
どこかで見たことあるような…

西春駅にあったものと全く同じです。
西春駅は2本しか使われていませんでしたが、

こちらはしっかり3本接続されています。

より線となった動力高圧配電線は間内駅を通過して小牧駅方向へ伸びていました。
間内駅から先が特徴的な構造となっていたのですが、
それはまた別の機会にしたいと思います。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です