伊勢鉄道30周年の1日乗車券は全線片道運賃より安い




鉄道コム


玉垣駅でのイベントは15:00までです。
伊勢鉄道は1時間に1本しかないので15:00の津行きで出発します。


[スポンサードリンク]


 

時刻表をみると日中は玉垣駅を上下列車とも00分付近に通るので上下列車の離合が見られるようです。
狙ったようにそうなっています。

 

列車の到着は本社勤務の人の時報みたいなものになっているかもしれません。
そんな都合良くダイヤが組めるのか疑問ではありますが。

伊勢鉄道30周年の1日乗車券購入

伊勢鉄道では1日乗車券の販売はありません。
乗り降り自由なのはJR東海が発売している青空フリーパス(通年発売)くらいです。
今年は30周年ということで期間限定で1日乗車券が発売されました。

 

お値段がなんと500円。

起点の河原田駅から津駅まで運賃510円です。
片道運賃より10円安い1日乗車券になっています。

最初からこの乗車券を購入予定だったので帰り乗車券は河原田駅からです。

1日乗車券は車内で購入できます。
ただし、快速みえや特急南紀はJR東海の車掌が伊勢鉄道線内も担当するので販売はありません。
伊勢鉄道の乗務員が担当するイセⅢ形線内普通列車のみです。

しかし、玉垣駅→河原田駅ではもとがとれません。
時間もあるので津駅まで行くことにします。
津行きはそれほど混まないだろうと思っていましたが混みました。

鈴鹿サーキット稲生駅

当然座れるわけがないので後方展望を楽しみます。
最初の駅は鈴鹿サーキット稲生駅。

 

臨時列車の終点駅でお馴染みでしょう。
最大6両の臨時列車が乗り入れてくるため上下とも有効長も6両です。

鈴鹿臨時にはキハ25が入っているみたいですが、
ステップをつけて床の高さが下がっています。
本来であれば名古屋駅では逆段差になるためドアの開閉ができないのですが、
どうやっているのか疑問で仕方がないです。

快速SLレトロみなかみ号は渋川駅で段差があってもドア扱いしていたので、
臨時列車はOKなのかもしれません。

徳田駅

伊勢鉄道で一番新しく乗降者が最も少ない徳田駅。
ホームが延長されて段差があります。

 

現行のイセ3形は18m級車両で1形・2形より2m長いです。
最大2両で運転するので足りない分を延長したのでしょう。

 

延長部分はバリアフリーの観点から1100mmになっているはずです。
イセⅢ形はステップがないので床の高さは1100mm級かと。
ただ、停車位置はそのままなので1両の場合は延長部は使われません。


[スポンサードリンク]


四日市方面も同じように後方に延長されています。
これだったら全部嵩上げした方が良かったのではと思いますが予算的に厳しかったのでしょうか。

中瀬古駅

中瀬古駅です。
ここで快速みえと離合しました。

四日市方面のホームが長いのは快速みえの停車(2・4・6号)の都合でしょう。
津方面の快速みえはすべて通過です。
四日市方面津側に変圧器の設置もありました。
駅舎と信号設備への電気供給のためでしょう。

中瀬古駅で複線区間は終了して単線になります。
下り線は上り線へ合流し、下りは未成線になります。
鈴鹿市もココまでです。
鈴鹿臨時は稲生駅で折り返しができないため中瀬古まで回送されます。

 

伊勢上野駅

伊勢鉄道唯一のトンネルを通過
トンネルを含め複線用地は確保されています。
直流電化を見越しているのである程度の広さはあるように見えます。

トンネルを抜けるとすぐに伊勢上野駅です。
伊勢鉄道移管と同時に開業した駅です。
徳田駅同様にホームを延長したようですが、段差は見られませんでした。

河芸駅

河芸駅は謎の構造になっていました。
複線化用地に津方面のホームが鎮座しています。
反対側にも用地があるので交換用の線路はそちら側にありました。

河芸駅で特急南紀と離合しました。
もともとは単線棒駅だったみたいですが後に交換駅になっているようです。

 

ホームの長さを見る限り追加されたのは下り(津方面)でしょう。
上り(四日市方面)は嵩上げされていない部分を含めると長いホームです。

 

島式ホームになる予定との話もあったので線路の間隔は広いです。
なぜこうなったのか謎です。

場内信号は離れた位置にあります。
そのまま複線化はできそうな感じです。

東一身田駅

河芸駅から先は複線化未成線が下り側に変わります。
東一身田駅は複線用地を持つ高架駅。
弥富口駅(廃止)や味岡駅(名鉄小牧線)みたいな感じです。

 

閉塞信号も複線化を見越しているので離れた位置にありました。
ついでに変圧器もついていますね。

 

津駅

紀勢本線と合流したら津駅です。
伊勢線は複線化を見越した構造なので、
下り線が紀勢本線をオーバークロスしていきます。

 

しかし、未だに単線なので未成線です。
河芸駅から先の複線用地が四日市方面へ移動したのは、
この設備が大きく関係しているのでしょう。

伊勢鉄道の数少ない踏切です。
津駅~東一身田駅には4箇所あります。

津駅に到着しました。
津駅で乗務員から1日乗車券を購入して下車します。
JR東海の駅ですが伊勢鉄道の起点駅なので下車可能です。
四日市駅は起点でないため無理ですが。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です