さわやかウォーキング2017年03月26日河曲駅→玉垣駅(鈴鹿)【その1】




鉄道コム


かれこれ3回目のさわやかウォーキングです。
過去2回は天気が良かったのですが、今回は雨直撃となってしまいました。


[スポンサードリンク]


 

前日と翌日は天気が良い感じなのでなんといっていいのやら。
事前申し込みとかではないため雨が降ったら行かなくても良いのですが、

御殿場線以外はやるみたいなので怖い物みたいさもあって行くことにしました。
伊勢鉄道のゴールである玉垣駅では伊勢鉄道のイベントも予定通り開催なので。

 

それでは雨のさわやかウォーキングへ出かけましょう。
(ただし、気分はドンヨリウォーキング)

今回のコースのステータス

  • スタート→河曲駅(関西本線)
  • ゴール→玉垣駅(伊勢鉄道伊勢線)
  • 河曲駅~龍光寺(3.1km)
  • 龍光寺~伊勢神戸城跡(0.4km)
  • 伊勢神戸城跡~石垣池公園(3.6km)
  • 石垣池公園~玉垣駅(0.6km)
  • 総延長7.7km

河曲駅~龍光寺(3.1km)

今回の出発駅は関西本線の河曲駅です。
関西本線はこれまでも何度か利用しています。

 

しかし通過利用で途中駅で下車することはまずありません
河曲駅で下車したのははじめてです。

 

かつては国鉄鈴鹿駅でしたが後に伊勢線の開業で河曲に変更。
もともと木田信号場だった場所を格上げしているので、
周辺には民家がポツポツといったところです。

駅前の道を線路にそって名古屋方向目戻っていきます。
SLの踏切標識もあまり見かけなくなりましたね。

県道8号線木田端を通って鈴鹿川を渡ります。
河曲変電所がありました。
木田変電所ではないようです。

鈴鹿川を渡ると平野が広がります。
県道8号線をこのまま進むと鈴鹿の市街地まで最短で行けるのですが、コースは河曲小学校を左折するようにあるので曲がります。

小学校横は歩道がありましたが、過ぎると歩道のない道へと入っていきます。


[スポンサードリンク]


今回は早い段階から小道が多いので道案内が助かります。
車の往来が多いので危険な感じはありました。
雨も降っているので特にです。

神戸の見附跡を通過します。
見附とは城の見張り役がいた場所を言うそうですね。
伊勢神戸城の見張りはここまで(神戸8丁目)来ていたとのことでした。

近鉄鈴鹿線が出てきたら鈴鹿市街地です。
この時点でスタートから40分。
河曲駅は鈴鹿市街地からは利用しにくいですね。

「とまり・きき・みて・とおれ」これがあるのが近鉄の踏みきりだそうです。

鈴鹿線は蛇が電線にまきついて停電する事故が短期間で3回も起こっているので、蛇よけのテープが貼ってあると聞いていました。
それらしいものがありますね。
茶色と黒色のセットです。

そうこうしていたら伊勢若松行きの列車が通過していきました。
鈴鹿市の駅はすぐそこです。
鈴鹿市駅は大正時代にできた駅で市街地にも違いです。
市を代表する駅は明らかにこちらなので、河曲駅のあの状況が頷ける気がしました。

スーパー名門!
衝撃的な名前だったので撮影してしまいました。
鈴鹿市では複数店舗を持つスーパーみたいです。

初めて見る案内板かもしれません。
そういえば今回は自治体名ではなく「※イベント終了後に撤去します。」でした。
コースはすべて鈴鹿市内ですが。

出発してから50分ほどで龍光寺に到着です。
最初の区間が3.1kmと比較的ながかったので、時間がかかった印象です。
今回のコースは総延長7.7kmなので半分近く来ています。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です