分割乗車券の買い河曲駅へ!ついでに河原田駅から名古屋駅の乗車券も




鉄道コム


2017年03月27日は伊勢鉄道に移管されてちょうど30年です。
それに合わせて26日は伊勢鉄道玉垣駅をゴールとするさわやかウォーキングが開催されました。


[スポンサードリンク]


 

しかし、当日はあいにくの雨模様。
行くかどうしようか迷ったのですが、伊勢鉄道のイベントもあるので行くことにしました。

 

出発駅は関西本線の河曲駅で、ここはICカードが使えません。
よって普通乗車券で行くのですが、そうなると分割乗車券を用意した方がお得です。

 

 

関西本線の分割乗車券については、以前にも京都へ行くときに使っています。
四日市までは近鉄と並走している関係で特定運賃。
そのため四日市で分割した方が安くなることが多いです。

分割乗車券を発行※2017年03月現在

今回のJR乗車区間は

  • 往:名古屋駅→河曲駅…840円
  • 復:河原田駅→名古屋駅…760円

となります。
括弧内が普通運賃です。
これを分割乗車券にした場合にどうなるのか?

今回用意したのは

  • 往:名古屋駅→富田浜駅…470円・富田浜駅→河曲駅…240円(合計710円)
  • 復:河原田駅→四日市駅…200円・四日市駅→名古屋駅…470円(合計670円)

の4枚の乗車券です。

  • 名古屋駅→河曲駅…130円お得
  • 河原田駅→名古屋駅…90円お得

分割乗車券だと10円とか極端に低い場合も多いのですが、今回は220円もお得にすることができました。
何千円もする長距離乗車券だとわずかな割引きに見えるかもしれません。

 

しかし、短距離で130円・90円安くできれば大幅と言えます。
私は下のサイトで分割乗車券を算出しています。

 

 

ちなみに前回のさわやかウォーキングで金山駅→三河塩津駅と乗車しました。
東海道本線は名鉄名古屋本線と並走しているので特定運賃ですが、金山駅→三河塩津駅は分割してもお得になりません。

 

これが名古屋駅出発になると970円→860円(差額110円)となるので大幅に安くなります。
安くはなるのですが、

  • 布袋駅→金山駅…450円・金山駅→三河塩津駅…840円(合計1,290円)
  • 布袋駅→名古屋駅…400円・名古屋駅→岡崎駅…620円・岡崎駅→三河塩津駅…240円(合計1,260円)

と比較すると30円のために窓口の列に並ぶのは…となるわけです。
そのあたりを加味して使うかどうかは決めていますね。


[スポンサードリンク]


伊勢鉄道線内は1日乗車券を使いました。
よって河原田駅から名古屋駅で分割しています。

分割乗車券を実際に使う

名古屋駅のみどりの窓口はいつも混んでいます。
朝と夕方は特にその傾向が強いですね。
それでも雨降りだったこともあって行楽客はあまりなくスムーズに発券できたように思えます。

 

待ち時間は10分程度でしょうか。
慣れているのか発券は待たされませんでした。

 

実際に分割乗車券で列車に乗ります。
出発駅では名古屋発の乗車券を自動改札に通します。
行きは自動改札を通過することができます。

10:05発の快速亀山行きに乗車です。

ちょうど1年前に名松線に乗りに行ったときに乗った列車と同じです。

名古屋駅を出るとあおなみ線のホーム横を通過します。
なにやら青い幕を出している列車が。
レゴランドジャパン輸送を目的としたノンストップ列車だそうで26日は初日運行だったらしいです。

 

10:05発はごく普通の313系1300番台ですが、

  • アーバンライナーnext(米野留置)
  • しまかぜ送り込み回送(八田駅付近)
  • 211系0番台(永和駅)

とネタ車両と離合できます(休日)。

特に永和駅では通過する快速同士が運転停車離合するので面白いです。
ダイヤ改正後も変わっていないのでしばらく見られるでしょう。

雨が降ったりやんだりしながらスタート地の河曲駅にやってきました。
河曲駅は無人駅なので車掌が乗車券を回収しますが、臨時で駅員を配置しているためすぐに出発。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です