名鉄蒲郡線形原変電所の特徴は受電が6600V




鉄道コム


さわやかウォーキングで名鉄蒲郡線形原変電所のすぐ近くを通ることが分かったのでついでに観察してきました。
変電所シリーズも第3回目となります。


[スポンサードリンク]


 

これまで石仏変電所柏森変電所を見てきましたがどちらも地元です。
変電所を見るために遠征することになるとは思っていませんでした。

 

形原変電所は遠征してでも見たい変電所だったので。
それもすべて鉄道ピクトリアル2009年3月臨時増刊号【特集】名古屋鉄道のおかげです。

形原変電所やはりあるモノがない外観

名鉄蒲郡線形原変電所は地上にある変電所です。
線路自体は高架にあるため多少珍しい構造をしていると言えます。

 

しかし、形原変電所の特徴はそれだけではありません。
あるものがないのです。
そのあるモノとは鉄塔です。

石仏変電所はじめ鉄道事業者の変電所は専用線で高電圧の電気を引き込んでいるので特高圧送電線と鉄塔があるものです。
形原変電所にはそれがありません。

もちろん柏森変電所のように地下に送電線が埋まっていることもあります。
しかし、形原変電所の周囲には大規模工場はなく大口の需要家はなし。

 

地下に送電線があるわけではありません。
では、どうしているか?

家庭用配電線から引き込んでいるのです。

形原変電所の特徴は受電が6600V


出典:鉄道ピクトリアル2009年3月臨時増刊号【特集】名古屋鉄道 P70

 

鉄道ピクトリアル2009年3月臨時増刊号【特集】名古屋鉄道によると名鉄の変電所は

  • 77000V
  • 33000V
  • 6600V

の3つの電圧で受電をしています。

 

このうち6600Vで受電しているのは

  • 名鉄蒲郡線の形原変電所
  • 名鉄三河線(海)の北新川変電所

のみです。

 

6600Vは家庭用配電線の一般的な規格となっています。
蒲郡線は直流1500Vなので家庭用配電線でも対応できるわけです。

 

本来であれば専用線を使って受電するところあえて家庭用配電線を使う理由はなにか?
理由は聞いてみないとわからないです。

 

工場などが専用線で高電圧の電気を受電するのは信頼性があるからと言われます。
鉄道の場合は電力不足によって運行に支障が出てはいけません。
そのため基本は専用線で受電しているのでしょう。

名鉄蒲郡線の場合は日中でも30分に1本で3編成で運用します。
形原変電所が単独で受け持つ形原変電所~蒲郡駅は1編成しか入線しません。
これが6600Vを採用した理由かと見ています。


[スポンサードリンク]


 

ちなみに北新川変電所も北新川駅(併設)~碧南駅のわずかな区間しか担当しておらず、新川町駅で交換があるため最大でも動力車4両程度です。
これくらいなら6600Vでも大丈夫なのかもしれません。

近くに中部電力形原変電所がある

名鉄蒲郡線形原変電所のすぐ近くには中部電力形原変電所もあります。
電線をたどっていくと形原変電所へ到達しました。
中電の変電所が近いことも6600Vを採用した理由かもしれません。

1600V確保できている

帰りに蒲郡線に乗って電圧計を見てみました。
電圧は1600Vを指していたので不足していることはないと思われます。
本数が少ないので電圧降下も起こりにくいですが。

 

6000系は回生ブレーキを搭載していないので1500~1600で安定しています。
回生ブレーキ車だと電気を架線にもどすため1750Vまで上がるようです。
それはまた別の機会に確認します。

形原変電所エアセクション

変電所と言ったらエアセクションです(直流電化の場合は)。
ついでに蒲郡線のエアセクションも見てみます。
といっても特に変わったところはありませんが。

形原変電所のエアセクションはき電線・信号高圧線が途切れいている部分です。
セクション予告はなくセクション開始と終了が見られました。

反対側を見てみます。
吉良吉田方面には4両クリアの表示が確認できました。

 

その次の架線柱にはなにもありません。
蒲郡線の最大許容両数は4両ということになります。

 

交換設備も4両対応がほとんどなのでエアセクションの両数クリアをみなくてもわかりますが。

ハンガーカバーの色の違い判明?

柏森変電所のエアセクションでも見た黄色と赤色のハンガーカバーです。

  • 吉良吉田方面から入ってくる架線が黄色
  • 蒲郡方面から入ってくる架線が赤色

でした。

柏森変電所のエアセクションは

  • 名古屋方面から入ってくる架線が黄色
  • 新鵜沼方面から入ってくる架線が赤色

でした。
もしかしたら

  • 岐阜方面から入る架線→黄色
  • 豊橋方面から入る架線→赤色

入ってくる方面で色分けしているかもしれません。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です