上野東京ラインに乗車してから沼津へ向かう




鉄道コム


品川から再び東京駅へ

品川からは東海道線で東京駅まで戻ります。
JR東日本ではエキナカとして改札内にもさまざまな
店舗が展開されるようになりました。


[スポンサードリンク]


 

品川駅も上野・東京ラインによる拡張に乗じてか
エキナカも充実していると感じました。
しかし、最もチカラを入れているのは東京駅。
やはり東京駅をぐるっと回った方が効率がよさそう
だったので品川をあとにします。

 

ホームで待っていたら通過列車が来るとのこと。
何が来るかと思ったら185系の踊り子でした。
どうやら臨時の184号だったようです。

185系 斜めストライプ

東京駅に到着すると先ほどの臨時踊り子の回送がいました。
踊り子号はE257系を転用するとか成田エクスプレスで浮いた
E259系を転用するとかいろいろ噂が出ています。

 

E259系はマリンエクスプレスで実績を出していますから
可能性はあると思います。
185系も今後どうなるか注目な車両です。

185系の転換クロスシートの転用先は意外にも…

ついでに余談。
185系もJR東海の373系みたいに汎用特急形です。
今はリクライニングシートを搭載していますが
デビュー当初は転換クロスシートと特急形とは言えない
グレードで登場しました。

 

後にリニューアル改造を受けてリクライニングシートへ
換装されて塗装も湘南色のようなブロック調へと
変更されていくことになります。

 

さて、ここで捻出された転換クロスシート。
破棄されたかと思いきや意外な場所に転用されていました。

近江鉄道 あかね号

近江鉄道 あかね号

近江鉄道700系あかね号です。

さらに、

DSC01799

900形淡海号にも転用されています。
185系は117系をベースに開発されていますがシートは
若干異なるようです。
もし雰囲気を懐かしみたいのであれば近江鉄道へ
おでかけください。


[スポンサードリンク]


上野東京ラインに乗車してから沼津へ

東京駅でお土産を物色して沼津を目指します。
16:18の伊東行きに乗車すればよいのですがまだ時間が
あったので上野まで出て上野・東京ラインに
乗車してみることにします。

 

東京発だったころは余裕で席を取ることができた
のですが現在は高崎発となっています。
確実に着席にするには高崎とか宇都宮まで行かないと
いけなくなりました。
東京駅での客の入れ替わりを期待して席を確保したいので
上野から乗車することにします。

E231系500番台 つぶグミ

そしてつぶグミ編成再び乗るという。
狙っていません。
偶然来ました。
ここまで来るのにさまざまな偶然や奇跡が重なっているので
もはや驚くことはありません。

IMG_1794

上野で東京上野ラインに乗り換えます。

上野駅 きぬがわ

上野駅には特急きぬがわの乗車位置案内がありました。
きぬがわは新宿発なので上野は通りません。
上野・東京ラインの開業で大船発着の列車が設定されたようです。

 

踊り子号も常磐線の我孫子まで足を運びます。
特急列車の運用範囲も広がったようです。

 

上野からは所定通り伊東行きに乗車して熱海を目指します。
これが短い10両編成なので若干混雑していました。
しかし、狙い通り東京駅での入れ替わりで着席に成功。
疲労もたまって熱海まで寝ていました。

熱海から沼津へ|函南駅の両隣の駅は…

IMG_1796

熱海からはJR東海のエリアです。
浜松行きで沼津まででます。

函南駅

熱海を出て長いトンネルを抜けると函南です。
函南駅は熱海駅と三島駅の間にあります。
どちらも新幹線の停車駅。

 

 

新幹線の駅間に在来線の駅間が1駅しかないというのは
他に類を見ないかと思います。
京都と大津に挟まれた山科に近いかもしれません。

 

2駅になると

  • 新鳥栖~久留米
  • 新花巻~北上

がある。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です