東京メトロ東西線九段下駅のホームドアの試験を見て靖国神社へ




鉄道コム


日比谷線は南千住を出るとしばらくして地下に潜ります。
地下に潜ってしまうと周りの景色は真っ暗。
あとは下車する駅まで時間を潰すだけです。


[スポンサードリンク]


 

さて、日比谷線の最混雑区間はウィキペディアによると
地下に潜って最初の駅である三ノ輪と隣の入谷の間だそうです。
三ノ輪は都電荒川線との乗換駅なのでその乗客が
流れ込んでくるのが原因ではないかと。

 

しかし、次の入谷は日比谷線でしたから2番目の乗降客数。
ここから混雑緩和していくというのは謎です。
周辺はマンションが増えているとのことで乗客が増えて
混雑が増すような気がするのですがどうなのでしょうか?

茅場町で東西線に乗り換え

茅場町で乗り換えです。
そういえば茅場町と言えばずいぶん前に汚水管が破裂して
大騒ぎになっていた駅ですね。
Twitterに地獄絵図が多数投稿されていました。

日比谷線 剛体架線

下車して最近はいつも上を見る癖が付いてきました。
といっても至って普通の剛体架線です。
特徴的なモノは見当たりませんでした。

IMG_1727

茅場町の乗り換えは楽でした。
東京メトロの駅は迷路になっていて乗り換え苦労する駅が
多いような気がします。
昨日の国会議事堂前駅も迷いました。

 

東西線のラインカラーは水色です。
この柄の壁面は名古屋の地下鉄でも採用されています。
しかも水色と来たので鶴舞線そのものです。
ナンバリングも「T」と完全一意。
偶然でしょうけど。

E231系800番台

来たのはJR車でした。

九段下で下車するとホームドア

東京メトロ 九段下 東西線 ホームドア

九段下で下車。
下車したらホームドアがありました。
東西線は15000系という大型ドアの車両の導入を進めています。

 

日比谷線ではドア数の違いがありましたが、
東西線ではドアサイズの違いがあります。
その問題を克服しないとホームドアが設置できません。

 

そのままのサイズではドアが格納できないので
2枚を重ねることで格納するようにしているようです。

東京メトロ 九段下 東西線 ホームドア

現在は実験中なので西船橋側2両分だけでした。
この結果が今後のホームドア設置に反映されるのでしょう。

東京メトロ 九段下 東西線 ホームドア

一部のドア格納庫には列車案内ができるものもありました。


[スポンサードリンク]


雨予報も午前中は晴れていた靖国神社

IMG_1732

九段下駅を出て坂を上るとすぐ靖国神社の入り口があります。
16日は雨の予報でしたがこの時点ではまだ降っていません。

IMG_1737

東の空は曇天な感じだったのですが

IMG_1738

神社の上空は見事な晴天でした。
さすがに雨だと辛いなと思っていたのですが、
晴天に恵まれてまるで歓迎されているようでした。
英霊の方々はこんな愚者を歓迎していただけるとは恐縮です。

 

やはりお盆ということで参拝客が多かったですね。
驚いたのは外国人が多いということ。
カプセルホテルでも外国人を見かけるのですが、
神社でも外国人が多いような気がしますね。

 

欧米系も多いのですがアジア系も多いような気がします。
中国人団体客らしき姿も結構みかけました。
↑一番いなさそうな参拝者のはずなんですけどね…謎

IMG_1745

遊就館を見学

IMG_1746

拝殿で手を合わせた後は隣にある遊就館を見学。
この遊就館が想像以上に広くて見て回るのに2時間くらい
かかりました。
予定を入れておかなくてよかったです。

C56 31

遊就館を見学は有料なのですが1階玄関ホールは無料開放
されています。
入り口を入ると真っ先に出迎えてくれるのがC56 31。

C56 31

どうやらタイで活躍した機関車だそうです。
日本車輌製造ということで名古屋生まれとのこと。
連結器が特徴的だと思いました。
室内展示なので状態は相当良いです。

IMG_1755



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です