東武20000系・東京メトロ03系時代の日比谷線を記録




鉄道コム


すでに発表されていることですが日比谷線は車両が変わります。
これまでの3ドア8両から4ドア7両にになります。
というのも今回乗車しようと考えた理由の一つです。
記録ができれば写真の善し悪しはどうでも良いので
南千住駅で何本か見ることにしました。


[スポンサードリンク]


東武20000系

東武20000系です。
一昔ならレアな行き先とされていた南栗橋ですが、
現在では日中も毎時2本あります。
かつては日比谷線の中目黒側で東急東横線と
直通運転をしましました。

 

それが副都心線開業のダイヤ改正で消滅したので
メトロの車両の運用に余裕ができたのでしょう。
これが南栗橋行きの誕生のきっかけとなったのだと思います。

 

東武20000系も70000系での置き換えが決定しています。
走る姿が見られるのも後数年でしょう。

東京メトロ 03系

続いて東京メトロ03系。
こちらは5ドア車を挟んだ編成です。
時間は平日の朝ラッシュを終えたころ。

東京メトロ 03系


[スポンサードリンク]


日比谷線の終点は北千住ですが千住検車区の最寄り駅という
こともあって南千住止まりの列車も運転されています。
主に中目黒発の行き先なのですが伊勢崎線からの直通列車の
南千住行きもわずかにあるようです。

東武20050系

続いて20050系。
北千住方面行きは5ドアが集中的にやってきます。
時間を選んで5ドア車が使われているのでしょうか?

東武20050系

3ドア車は行き先表示が車両中部に取り付けられています。
5ドア車に限り車端部に取り付けられているようです。

東京メトロ 03系

これは東京メトロ03系も同じです。

南千住駅 03系 20050系

03系と20050系。
このような並びもいつまで見られるかわかりません。
記録を終えて再び乗りつぶし再開です。

 



[スポンサードリンク]




鉄道コム


“東武20000系・東京メトロ03系時代の日比谷線を記録” への2件のフィードバック

  1. 風旅記 より:

    こんにちは。
    日比谷線用の新しい車両も落成し始めているようで、徐々に置き換えが近づいてきた感があります。
    昔の鋼製車体の車両とは違い、アルミ製・ステンレス製はいつまでも綺麗に見えますので、置き換えが始まることに違和感さえ感じてしまいます。
    登場して30年弱、中には経年の浅い車両も多数あります。走行機器は既に何世代も新しいものが出て、メンテナンスも容易ではなくなっていると思いますが、車体はまだまだ長く使えそうに見えます。
    18m車を必要とする地方私鉄などで、第二の活躍の場を見出す車両が多く出てくれることを願っています。
    東武の車両は、社内で他の路線へ移るケースも出てくるかなど、趣味的には楽しみにしています。
    お写真、楽しませて頂きました。
    今後とも、宜しくお願い致します。
    風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

    • hanatabiRSR より:

      >風旅記様

      見落としておりました。
      遅れて申し訳ありません。

      車両によるかと思います。
      千葉に転属した京浜東北線の209系は素材が悪いのか
      リニューアルしても傷みが激しいように見えます。
      とうの昔に寿命が来ている車両なので当然かもしれませんが。

      東急1000系は池上線などへ転属していきましたが、
      こちらの車両群はどうなるか。
      最低でも3両で編成を組むことになるかと思いますので
      地方私鉄への転属は相当な改造が必要になるかもしれません。

      5ドア車のような相当特殊な車両もいるので、
      このまま廃車になるのが濃厚かなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です