北千住駅日比谷線ホームの架線が独特なき電吊架【青春18きっぷ2016夏その3】




鉄道コム


8月16日東京遠征も最終日となりました。
本日はほぼ予定を立てず行動します。
沼津発のホームライナー浜松3号に間に合う列車に
乗ることができればOKなのでフリーです。


[スポンサードリンク]


北千住駅

出発はもちろん北千住駅です。
お盆に東京に来ることになったのも何かの縁でしょう。
靖国神社に参拝に行きます。
オフ会が四ツ谷だったので15日に行くことも考えましたが
相当な混雑になるという話だったので1日ずらして16日にしました。

日比谷線で茅場町まで

靖国神社の最寄り駅は九段下です。
九段下は東西線が乗り入れているので乗り換えが必要。
昨日は千代田線に乗車したので本日は日比谷線で
東西線の乗換駅茅場町まで参ります。

 

北千住駅は東京メトロ日比谷線と千代田線が乗り入れています。
日比谷線は東武伊勢崎線と千代田線は隣の綾瀬から常磐緩行線と
乗り入れ運転をしています。

 

常磐快速線に綾瀬駅がないので乗り換えは北千住となるため
JRと東武と東京メトロがすべて改札内で繋がっているという
複雑怪奇な構造の駅です。

IMG_1702

券売機は別々なので各鉄道事業者専用の改札はあるものの、
改札はつくばエクスプレス(TX)以外ならどこでもOKとなっています。
最近はICカードが普及しているので券売機もあまり関係ないでしょう。

北千住駅 日比谷線

昨日の記事でも触れていますが日比谷線の乗り場は地上3階です。
常磐緩行線から日比谷線に乗り換える人は結構大変だと思います。
一番高い位置にあるのが地下鉄のホームとは、
御堂筋線の西中島南方駅みたいたイメージでしょうか。

日比谷線の架線はき電吊架

日比谷線 き電吊架 北千住駅

き電吊架 日比谷線 北千住駅

今回日比谷線に乗ることにした理由は乗りつぶしもあるのですが
動画で面白い光景を見たためです。
日比谷線の架線はき電吊架となっています。
こちらは中線です。

 

日比谷線の駅は2面3線で両端が直通線で中線が当駅始発の
列車が使用する線です。
ご丁寧に中線もき電線が設置されていることになります。
こちらはJR西日本のハイパー架線型です。
剛体架線基本の地下鉄では珍しいとも言えますが、
採用事例も多いので特に珍しい型ではありません。

 

本当はこれを見るために日比谷線のホームに来たような
ものなのですが反対側で予想外のものを発見する
こととなってのです。

珍しいタイプのき電吊架が日比谷線に

東京メトロ型き電吊架 日比谷線 北千住駅

個人的に注目したいのがこちらです。
直通線側。
吊架線が異様に太くないでしょうか?

 

き電吊架の場合はシンプルカテナリーに比べて吊架線が
太くなるのですが、中線のものと比べてもさらに
太くなっていることに気づきました。

東京メトロ型き電吊架 日比谷線 北千住駅

少し横に目をやるとなんと2本が束になっているのです。
き電線を2本束ねて1本に仕立てることはあります。

CqsHalgUkAEzwY9

犬山線布袋駅周辺の仮線部分は2本束です。

懸垂碍子


[スポンサードリンク]


別々なら2セット必要な懸垂碍子も1セットで済むため
部品点数削減するにはこの方法は効率的になります。

 

き電線を2本使う吊架方式はJR東日本の
初期型のインテグレート架線でも見られます。

こちらは束ねておらず若干放している形状です。
ダブルメッセンジャーカテナリーと言って
横風への耐性を高めた吊架方式で日比谷線のこれとは
話が違っています。

 

架線観察を始めて2年が過ぎましたがはじめて見ました。
正直こんなのありかよと思いましたね。
朝からとんでもないものを見てしまったようです。

 

これまで見たことがないので東京メトロでしか採用されていない
のではないかと思います。
ということで当サイトでは今後東京メトロ型き電吊架と
表記することにします。

日比谷線 き電吊架 き電分線

き電分線も2本です。
中線の方は上の画像を見てもらうと分かるように1本
となっていました。

もしかしたら2階ホームも同じかもしれません。

南千住駅でいったん下車

南千住駅 03系 20050系

1区間だけ乗車して南千住で一度下車します。
ここから先は地下に入るため剛体架線です。
ということで吊架線を使用した架線もここまで。

日比谷線 き電吊架

見ての通りですが北千住駅構内の東京メトロ型き電吊架。
このまま地下入り口まで続いているようです。

 

き電吊架式の架線が出てきたのは定かではありませんが、
ここ20年以内の話かと思います。
開業当初はき電吊架ではなかったようです。

こちらのサイトの画像を見てみると

日比谷線 き電吊架

ここにき電線が設置されていたようです。
1994年はこの形だったのでなにかのタイミングで更新
されたのでしょう。
しかも合成素子がハンガーに付いています。
ネタ過ぎて笑えます。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です