お盆も関東は平日ダイヤ|千代田線と丸ノ内線で四谷三丁目まで




鉄道コム


8月15日は個人的なオフ会があってそちらへ出かけていました。
現地までは初乗車区間があったので簡単に記しておきます。


[スポンサードリンク]


 

北千住のホテルを出て本日は四谷三丁目に向かいます。
四谷三丁目は丸ノ内線の駅なので北千住から直で
行くことはできません。

北千住から千代田線で国会議事堂前まで

北千住には東京メトロの

  • 千代田線
  • 日比谷線
  • 半蔵門線(東武経由押上から)

が乗り入れています。
どれに乗車しても丸ノ内線に乗り換えができるので
ルート検索で一番短時間だった千代田線経由で
向かうことにしました。

IMG_1683

千代田線のホームは北千住駅の地下にあります。
ちなみに日比谷線は地上3階です。
最も高低差のある地下鉄乗換駅かと思います。

 

去年の今頃はこの駅名標が「北干住」になっていて
話題になっていました。
メトロの発注ミスでそうなったようですが、
どういう発注の仕方をすると間違うのか疑問です。

千代田線 明治神宮前行き

8月15日は西日本エリアでは休日ダイヤで動きますが
東日本エリアでは平日の運用です。
休日にはない明治神宮前行きに乗車して出発。

 

隣の綾瀬始発だそうです。
千代田線だけかわかりませんが始発駅の案内がありますね。
こちら側はJR常磐緩行線と直通運転をしています。
そのため始発駅に違いが出るので混雑の目安として
表示しているのではないかと見ています。

千代田線 6000系

来たのは古参の6000系でした。
6000系は35編成製造されて33~35は廃車済み。
現存する中では一番新しい編成のようです。

 

さて、お盆の最終日で空いているかなと思ったのですが
平日ダイヤで運行される理由がわかるような気がします。
スーツ姿の人が多くいました。

 

関東地区では東京メトロを介してJRと私鉄が乗り入れ
運転をしています。
JRはお盆はカレンダー通りの運転となるので
私鉄側もそれに合わせているのでしょう。

 

関西私鉄は南海以外は休日で運転されるようです。
南海は関西空港の共有区間の関係で平日運転にせざるを
得ないようです。
その影響で泉北高速鉄道も平日。


[スポンサードリンク]


しかし、豊橋付近で共有区間を持つJR東海と名古屋鉄道は
平日と休日が混在して運行されるのでできなくはないようです。
影響が出るのは朝と深夜だけなのでできるのでしょう。
このあたりは事業者同士の取り決めがどうなっているかに
よるのかと思います。

国会議事堂前から丸ノ内線で四谷三丁目へ

 

丸ノ内線の乗換駅は霞ケ関もしくは国会議事堂前です。
ルート検索では国会議事堂前での乗り換えとなっていたので
こちらで乗り換えました。

国会議事堂前駅

国会議事堂前は丸ノ内線と千代田線が乗り入れていますが
すぐ近くに溜池山王駅があり銀座線と南北線も乗り入れています。
このなかで一番新しいのが千代田線なので当然一番深い位置に
ホームが存在しています。
丸ノ内線乗り換えが大変でした。

丸ノ内線

新宿行きに乗車して四谷三丁目まで参ります。
2017年度から丸ノ内線の支線である方南町支線と本線系統の
直通運転が始まるということで新宿折り返しの列車が延長するそうです。

 

現在のダイヤでは新宿行きは珍しいものとは言えませんが、
将来的に希少な行き先になるかもしれません。

四谷三丁目駅

四谷三丁目に到着して本日の乗りつぶしは終了です。
この日も北千住のカプセルホテルで宿泊しました。
戻りは四ツ谷からJRだったので乗りつぶし区間はありません。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です