城東貨物線赤川仮橋を閉鎖される前に観察【青春18きっぷ2013春】




鉄道コム


城東貨物線(おおさか東線)の赤川仮橋を観察します。


[スポンサードリンク]


DSC01063
まずは、吹田信号場(吹田貨物ターミナル)側です。
複線化用地があります。
この先には阪急の淡路駅があり、おおさか東線にも接点に駅ができるようです。
架線柱は複線用の半分です。
複線化を見越しての設置でしょうか。

 

城東貨物線に詳しい方なら分かる話かと思いますが、元々ここは非電化路線でした。
数年前に電化してELの運行が始まりました。
DD51が運行されてた頃を見たかった。

DSC01064
百済貨物ターミナル側です。
一級河川淀川を横断しますので結構な距離があります。
実際に歩いてみましたら7分ほどかかりました。

動画を見ていただくとお分かりかと思いますが、この橋梁は交通量が多いです。
これだけの交通量がありながら代替橋は作られません。
普段からここを利用している人は900m上流の橋を渡らないといけなくなります。

DSC01069
反対側に来ました。
こちら側には踏切はありません。
河辺にはグランドがありスポーツができるようです。
再び吹田側に向かって歩きます。


[スポンサードリンク]


DSC01072


前から貨物列車がやって来ました。
EF200形電気機関車牽引の貨物列車です。
吹田を13:50に出る列車があったはずなのでそれでしょう。
橋の中腹辺りで離合しました。

 

橋を渡りきって、橋梁を観察しながら百済発の列車を待ちます。
14時台に1本あったはずなのでそれを待ちます。

 

 

15:00になっても一向に現れません。
近くで作業していたオジサンに声をかけられ

16:36まで来ないよ

といわれポカーン

DSC01060

そんな時間まで待つことはできないので撤収しました。
赤川仮橋に行くときは貨物時刻表をチェックしてからにしましょう。
梅田貨物駅の機能を吹田貨物ターミナルと百済貨物ターミナルに分散したため、ここを通る列車本数が増えているそうです。
見るなら今のうちでしょう。

 

→2013年3月5日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください