根岸線・京浜東北線で都内へ|亀戸線で東武8000系リバイバルに乗る




鉄道コム


シーサイドラインを完乗して時間は18時30分過ぎ。
本日の予定はほぼ終了しているので夕食を取りつつ
宿に向かうだけです。
宿は北千住のカプセルホテルを予約しているので
そちらに向かいます。


[スポンサードリンク]


根岸線・京浜東北線で秋葉原

根岸線 新杉田駅

新杉田からは根岸線で北上します。
東京方面へ行くなら横浜で乗り換えが早いですが
南浦和行きだったのでそのまま乗車して秋葉原まで行きます。

根岸線 ツインシンプルカテナリー

根岸線の新杉田駅構内はツインシンプルカテナリーでした。
去年の横浜~桜木町の架線断線事故のときに見てみたのですが
根岸線はツインシンプルの区間が多いように見えます。
意図は分かりませんが。

根岸線 ツインシンプルカテナリー

こちらがスペーサー付きのバーハンガー。

京王井の頭線のと同タイプかと思います。

 

京浜東北線でひたすら北上していきます。
途中蒲田駅で久しぶりに蒲田行進曲を聴きました。
JR東日本ではご当地メロディが増えつつありますが
こちらは初期の頃からありますね。

秋葉原から総武緩行線で亀戸へ

秋葉原から総武緩行線に乗り換えます。
発車案内を見てみると東神奈川駅で横浜線車両の
点検があったようで遅れているとのこと。

 

根岸線は横浜線からの乗り入れがあるので
ギリギリ回避できたようです。
30分遅れていたら巻き添えを食らっていいたかもしれません。

 

そういえば1日前は昼間静岡あたりで人身事故か何かで
遅れがでていたようです。
この手の運行障害トラブルには巻き込まれやすいのですが
今回は運良く回避できています。

総武緩行線 亀戸駅

亀戸駅で下車します。

IMG_1668

亀戸で乗り換えついでに夕食。
セブンイレブンのカップ麺でお馴染みの中本にお邪魔しました。
外から見たら空いている感じでしたが店の中に行列が…
ここから先は北千住に向かいだけなので時間は押していないので
良いですが昼間の訪問は余裕をつくらいないと危険かもしれません。

北千住へ行くため東武亀戸線で曳舟まで出る

今回亀戸まで来たのは理由があります。
久しぶりに東武8000系に乗りたくなったわけです。
8000系は伊勢崎線系統では群馬の末端部分でしか運行されていません。
東上線も越生線と小川町以北、野田線全線くらいです。
東京都内で乗車しようとすると亀戸線と大師線しかありません。

 

しかし、これらの区間は確実に8000系に乗れます。
ということで北千住に向かう途中に亀戸線を含めてみました。


[スポンサードリンク]


前回乗車したのが2012年の群馬方面へ向かったとき。
約4年ぶりの亀戸線乗車となりました。

東武亀戸線 リバイバル 8000系

東武亀戸線 リバイバル 8000系

そしてやってきたのがこれです。
8000系の登場時の色ですね。
旧前面のリバイバルカラーは動態保存されイベント列車などで
活躍していますが、
修繕車のリバイバルカラーも登場し運用されています。
その編成に運良く出会うことができました。

京急イエローハッピートレインから始まりネタ編成を何度も
見ることができています。
偶然にしてはできすぎているような感じで怖いです。

そして最後に東武8000系に乗車したのが2年前の
2014年8月14日なのでぴったり2年ぶりであることを
このときに思い出しました。

 

生きているとさまざまな偶然の巡り合わせがあるものです。

亀戸線の東あずま駅

東武亀戸線 東あずま駅

亀戸線の特徴的な駅名と言えば東あずま駅でしょうか。
漢字で書くと「東東」になるので後ろはひらがなになった…
と思っていたのですが「東吾嬬」が正解のようです。

 

実際は東あ”づ”まのようですが駅名は東あ”ず”まです。
町を地名は「ちょう」駅名は「まち」みたいなズレが
生じているようです。
なぜそうなったかは不明とのこと。

 

亀戸駅で乗り換える人は曳舟で伊勢崎線に乗り換える人が
多いのかなと思ったのですが、
東あずま駅で多くの人が下車していきました。
沿線住人の利用の方が多いようです。

→2016年08月14日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です