東京を目指して東海道本線を東へ【青春18きっぷ2016夏その2】




鉄道コム


青春18きっぷ2016夏の陣第2回目です。
お盆のような連休は外出を避けているのですが
今回は東京で個人的なオフ会があるのでそれに合わせて
でかけることになりました。
ということでひたすら東に向かって進みます。


[スポンサードリンク]


名古屋→浜松は大垣車

名古屋 313系

名古屋駅から新快速でスタート。
特に代わり映えのない313系5000番台です。

 

豊橋で乗り換えて浜松へ向かいます。
大垣の車両8両でした。
しかし、席はほとんど埋まっていて座れず
かぶりつきで浜松へ。

エアセクション JR東海

以前も紹介していると思いますが、
セクションクリアの標識が16両になっています。
10両までは表示されていたと思いますが。
なぜ16両かはこちらの記事で。

浜松 311系

浜松に到着。
311系の豊橋行きが出発待ちをしていました。
この時間帯は大垣の車両の運用が多いのでしょうか。
静岡支社の管轄なのに大垣車をよく見ます。

 

さすがにここから先は静岡支社の車両です。
大垣の車両の乗り入れは静岡まであるようですが、
早朝深夜の限られた時間のみとなっています。
おそらく伊那路373系の相殺が目的かと。

211系 興津行き

興津行きは3両のトイレなし211系。
313系と連結して最低1カ所のトイレは確保するようには
しているようですが、
実際は211系の単独運用もありそうとも言い切れません。

313系 転落防止幌

313系 転落防止幌

出発待ちをしているときに気づいたのですが、
転落防止幌に橙の帯があるものとないものがあるようです。
同一編成内で差異が出ています。

浜松→熱海 島田で乗り換えて熱海へ

島田駅

約45分乗車して島田に到着。
11分後の島田始発が熱海行きなので乗り換えます。
皆さん知っているのか島田で乗り換える人が多いです。

島田駅 211系


[スポンサードリンク]


313系+211系の6両編成でした。
前の方は混雑しているので後ろの車両に乗ったのですが
沼津で切り離しの可能性があります。

 

同じ疑問を持っている人が車掌に聞いていたのですが
「わからない」と回答していました。
そういうことは運用表などに書いているのではと
思ったのですが…

 

と言う心配をしたのですが沼津での切り離しもなく
終点の熱海まで6両で走破しました。
熱海には3分遅れて到着。

熱海→大船 混雑しているので次の列車で

熱海駅 E231系

ここまでは予定通りでしたがお盆ということで観光客が多く
乗り換え列車は混雑。
諦めて次の列車で向かうことにしました。
実はこれがここから起こる奇跡のはじまりになろうとは
思っていませんでしたね。

 

1本後の普通列車で東へ向かいます。
かつては熱海から乗る列車は東京行きばかりでした。
それが上野東京ライン開業で行き先が滅茶苦茶。
小金井ってどこだよってなります。
その逆もまた然り。

 

ただし、上野東京ラインと案内されるので少なくとも
東京駅に行くということは分かります。
JR東日本は路線名にやたら愛称をつけたがりますが、
愛称はこういう場合に重要だと感じます。

根府川 スーパービュー踊り子

途中根府川でスーパービュー踊り子の退避。
東京に向かうと途中で特急退避をしたことはありますが
いつも国府津で根府川ははじめてです。

IMG_1605

小田原で湘南新宿ライン特別快速に乗り換えます。
この選択は失敗でした。
大船で乗り換えるのですが熱海から乗った列車が先着していました。
ただ座ってこれたのでよしとしました。
この選択ミスも後に良い方向に働きます。

185系 斜めストライプ

大船から横須賀線で逗子へと参ります。

去年も横須賀線に乗っているのですが、
今回は逆ルートとなっています。
出発待ちをしていたら185系が入線してきました。

 

座席に背もたれカバーがないので特急運用ではないでしょう。
おそらくホリデー快速鎌倉号に使われると思われます。
最近は斜めストライプ塗装が増えているようで
珍しくなくなっているようです。

 

横須賀線で逗子へ向かいしました。
途中には神奈川県の観光名所鎌倉があります。
お盆ということもあって観光客が多いです。
横浜方面行きのホームはすごい人でした。

逗子駅

そんな混雑を横目に逗子に到着。

→2016年08月14日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です