神戸新交通六甲アイランド線(六甲ライナー)乗りつぶし




鉄道コム


今回の本題に入って参ります。
第1弾は六甲ライナーです。
六甲ライナーやポートライナーは未乗だったので
乗りつぶし候補として何でも浮上しました。


[スポンサードリンク]


六甲ライナー【住吉→マリンパーク】

ただ、乗りつぶして終了となりそうだったので
避けてきたというのも事実です。
それがとあることがきっかけで新交通システムはおもしろい
と感じたのでようやく重い腰が上がりました。
では、さっそく参りましょう。

六甲ライナー 住吉駅

六甲ライナー 住吉駅

ポートライナーに比べてマイナーな感じのする
六甲ライナーですが六甲アイランドには
商業施設やレジャー施設がありその輸送を担う重要な存在です。
休日とあって多くの人が乗っていました。
とりあえず乗りつぶしのため終点のマリンパークを目指します。

 

住吉を出ると次は魚崎駅。
こちらは阪神電鉄との乗換駅です。
住吉を出る段階で車内は混雑していましたが、
ここからさらに混雑することに。

 

終点の1つ手前のアイランドセンターで多くの人が降りていきました。
まばらになった状態でアイランドセンターを出て終点のマリンパークへ。

マリンパーク駅から六甲島検車場へ

六甲ライナー マリンパーク駅

六甲ライナー マリンパーク駅

マリンパークから先に線路は延びており、
行った先には六甲島検車場があります。
常時かわかりませんが、1編成が留置されていました。

 

マリンパーク駅は1面2線の島式です。
日中は2番線しか使われていないので1番線に留置は可能ですが
なぜこの位置に留置されているのかは不明。

六甲ライナー 六甲島検車場

線路沿いを歩いて行くと六甲島検車場に到着します。
実は六甲ライナーの床下をじっくり見たくて来たのですが
壁が高くて歩道橋の上から見ることしかできませんでした。
年に1回程度車庫開放をしているみたいなので
時間を作って見に来るのが手っ取り早そうです。

六甲ライナー マリンパーク駅

マリンパーク駅に戻ってきました。
これにて六甲ライナーは乗りつぶし終了です。
このあとは魚崎まで行き阪神に乗り換えます。

六甲ライナー裏名物瞬間くもりガラス

六甲ライナー 瞬間くもりガラス

六甲ライナー 瞬間くもりガラス


[スポンサードリンク]


六甲ライナーの裏名物と言えば瞬間くもりガラス。
住宅地の中を通過するということで、
このような配慮がされています。
本当に一瞬で曇ります。
知らない人だと驚くかもしれません。

阪神で三ノ宮へ-久しぶりのジェットカー

阪神 魚崎駅

魚崎で阪神に乗り換えます。
乗り換えは連絡通路があるので迷うことはありません。

阪神5001形 ジェットカー

ホームに着いたら普通高速神戸行きがいました。
阪神と言ったらジェットカーですね。
ゴムタイヤの六甲ライナー1000型の加速力よりも
1.0km/h/s高いというなかなかな車両です。

 

数は減らしていますがまだまだ乗る機会は多そうです。

山陽電鉄 5000系

次の御影で直通特急の待ち合わせをします。
来たのは山陽5000系でした。
阪神電鉄と山陽電鉄では走行距離比が1:2くらいに
なるので直通特急は山陽車の方が比率が高いようです。

と言う話はここで触れたことが。

阪神 神戸三宮駅

神戸三宮に到着してポートライナーに乗り換えです。

→2016年07月23日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です