名松線が復旧したので乗りに行く【亀山→松阪】




鉄道コム


亀山からは紀勢本線に入ります。
いつもはここから関西本線をさらに西へ進むのですが
今回は行き先が松阪なので紀勢本線を南下。


[スポンサードリンク]


ここを通るのは2014年1月の近江鉄道乗った後以来です。
かれこれ2年近く前の話ですね。
あのころはまだキハ40が幅をきかせいていた時期です。

キハ25形1000番台 紀勢本線

先のダイヤ改正にてJR東海からは国鉄形およびキハ11形の大多数が消滅しました。
置き換えように増備されたのはキハ25形のロングシート。
やはり亀山から先はキハ25形です。
ごく一部キハ75形に置き換えられた運用もあるようですが大多数はキハ25形となっています。

キハ25系1000番台 ステップの高さ

高山本線にも充当されているキハ25形ですが、ステップ設置車ということもあって
美濃太田~猪谷の運用が多いようです。

キハ40の乗り納めをしたときも見ただけ。
あまり乗車する機会が無かったので、今回が初めての乗車となります。
乗車したのはキハ25形1000番台の1010+1110(M2)編成です。

IMG_1382

三重地区の運賃表。
紀勢本線は新宮まで表示されています。
今回乗車する名松線の伊勢奥津までも全駅入っていました。
代行バスがあったのでもともとあったかもしれませんが。

紀勢本線 一身田駅

途中一身田駅で反対列車待ちのため数分停車。

IMG_1388

亀山行きと交換。
床下が新しい変でした。
M112なので1500番台です。

IMG_1389


[スポンサードリンク]


こちらは暖地に特化した仕様に変更されているとのこと。
見た目では判別が難しいです。

津駅

つづいて津です。
ここからしばらく近鉄名古屋線と併走します。
津駅でも反対列車待ちのため数分停車。
反対列車は3分の遅れが出ていました。

キハ85系 鹿ダンパー

特急南紀4号遅れて到着。
鹿ダンパーいつ見ても違和感しかありません。

IMG_1394

3分遅れで津駅を出発。
おかげさまで11時発の甲特急アーバンライナーnextが見られました。
10時に出発しても11時発に追いつかれます。
あちらはノンストップできますからね。

 

甲特急の全列車が津に停車するようになって短絡線での運転士
交代がなくなったのが残念です。
といってもカーテン閉めるので見る機会はありませんでしたが。

IMG_1395

津を出てすぐ、まさかのリニューアル車。
まだ数は少ないようですが、早速お目にかかることができました。
後ろ4両の人は当たりパターンですね。
いずれ前4両が当たりになる日も来るとは思いますが。

紀勢本線 高茶屋

高茶屋で快速みえ10号と交換。
こちらが遅れている関係か、駅の手前で停止をしていました。
入線の順番はあるようです。

 

停車すると加速をはじめ高速で通過していきました。
式年遷宮のときは4両編成が基本でしたが今は2両が基本です。
伊勢志摩サミットがらみで再び増結されるようになるかもしれません。

キハ25形1000番台 紀勢本線

続いて六軒です。
これまではこちらが待つばかりでしたが、今回はこちらが待たせる側。
ほぼ全駅で交換しているような気がします。
JRは駅間が長いので致し方がないのかもしれません。

紀勢本線 松阪駅

3分遅れのまま松阪に到着。
名古屋を出て約2時間。
近鉄急行なら1時間25分で松阪まで来ます。
三重県内の移動は近鉄の方が圧倒的に便利です。

→2016年04月02日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です