【田原町→越前武生】急行越前武生行きフェニックス田原町ライン




鉄道コム


田原町からはしばらく軌道区間を走行します。
福井鉄道はトラム規格の車両が往来しているので
路面電車と思われがちですが、
ほとんどの区間は鉄道線です。
どちらかというと普通鉄道になります。


[スポンサードリンク]


福井鉄道600形

市役所前を出るとやってきました。
不死鳥のごとく定期運用に復帰している600形。
やはり今日の主役はこっちのような気がしてなりませんね。

 

名古屋鉄道の600V区間が全廃されて多くの車両が
福井鉄道に転属してきました。
そのため現在では逆転していますが、
かつては600形のような高床車が大多数です。

 

もし相互直通が10年前に実現していたら高床車を直通車に
仕立てていたかもしれません。
といっても当時はえちぜん鉄道が発足したばかりでしたから
そんな余裕はなかったでしょうけど。

福井鉄道 三十八社駅

赤十字前駅からは鉄道線に入ります。
三十八社駅は急行通過駅ですが運転停車をしました。

 www.fukuishimbun.co.jp 
お探しのページが見つかりませんでした | 福井新聞
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/railway/20085.html

この駅は福井市と鯖江市の市境が通過している駅でもあるようです。
特にホームの切り下げ工事をした感じはないので元から
この高さだったのでしょう。
高床車が行き来していたとはいえ、路面上への乗り入れから
元からホームは低床のところも多いようです。

えちぜん鉄道 キーボ

ここに来てようやくL形キーボが登場。
最終の急行鷲塚針原行きに入っていました。
キーボはえちぜん鉄道の車庫へ戻るので最終に入るのは普通です。

鷲塚針原 越前武生
09:49発 10:47着
12:09着 11:14発
12:49発 13:47着
15:09着 14:14発
15:49発 16:47着
18:09着 17:14発


こういう運用でしょう。


[スポンサードリンク]


IMG_1285

車両は自社の車庫で管理しているのでこの運用以外に
入ることはないかと思います。
2編成用意しているので福井鉄道による代走もないでしょう。

 

FUKURAMは3連接車ですがL形キーボは2連接です。
2連接にした理由は見ての通り朝ラッシュを避けています。
夕ラッシュもギリギリ避けている感じです。
日中の需要は2連接でも十分と判断されたのではないかと。

 

こちらも3連接ですが、空席が出るほどですからね。
日中の需要はそこまで大きいとは考えられません。

北府駅 200形

北府に到着。
200形202編成が解体中でした。
残るは203編成だけです。
F1003も営業運転を開始したのでどうなるかなという
段階に来ていると思います。

福井鉄道 610形

特に遅れることもなく越前武生に到着しました。
到着したらすぐに特急サンダーバードが通過していったのですが
これが681系1000番台の試作車。
予想外だったので撮影できず。
もう少し早ければ610形と並びが撮影できたのですが残念。
こちらもいつまで運転されるか未知数です。

IMG_0378

貸切運転をしたときに車庫で見た610形。
この頃に比べると塗装の傷みが激しいです。

越前武生駅 F1001 600形

越前武生に無事到着しました。
これにて今回の全行程は終了です。
ダイヤ改正初日ということでどうかなとは思ったのですが
F1002が遅れていたこと以外は順調に進めたかなと。
満足でした。

 

ここまであまりに完璧に近かったのでイヤな予感が
したのですが、コレも的中してくれました。
武生駅に向かう途中に1時間ずれていたようです。
20時頃に名古屋到着予定でしたが、
もちろん1時間遅れて21時頃となってしまいました。

 

とはいえ、問題なく全行程こなすことはできました。
高床車と低床車の直通運転。
なかなか見応えがあるなと思いました。

→2016年03月27日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です