【福井鉄道ヒゲ線延伸】福井駅に現れた600形602号




鉄道コム


福井駅に到着して真っ先に観光案内所へ。
2016年3月27日は福井鉄道とえちぜん鉄道が相互直通
運転を開始した日なので記念してオリジナル一日乗車券が
販売されていました。
福井鉄道とえちぜん鉄道の共通乗車券は前から
あるのですが27日だけ特別の記念乗車券です。


[スポンサードリンク]


WS000459

無事オリジナル共通一日乗車券を入手。
通常のものはおそらく日付欄にスタンプで日付を
入れるものと考えられますが、
この日は印字されたものでした。

 

記念きっぷという位置づけもあると思いますが
単純に多くの来場者が来るので常備券のような
形であらかじめ用意したかったというのが
本当の目的なのかなと思います。

福井駅→市役所前

福井鉄道 福井駅

27日は福井鉄道とえちぜん鉄道の相互直通運転が
メインなのですが、
従来の福井駅前へ向かう(ヒゲ線)が延伸して
福井駅のバスターミナル横まで来たのも本日です。

↑従来は福井駅から離れた場所にありました。

これに合わせて福井駅前→福井駅へ改名しています。
延伸したので最初にこちらの乗りつぶしをします。

IMG_1178

新しい運賃表。
今回のダイヤ改正で
公園口→足羽山公園口
木田四ツ辻→商工会議所前
の両駅の改称も同時に行われました。

福井駅 600形602号

770形に乗車して出発待ちをしていたら
なにやらおかしな車両が入ってきました。
これは反則でです。

IMG_1181

福井駅停留所を出るとすぐにスクランブル
交差点へのさしかかります。
スクランブル交差点を通過する路面電車は
珍しいのではないでしょうか。

福井鉄道 福井駅前


[スポンサードリンク]


元福井駅前停留所。
かろうじてあったことがわかるくらいです。
屋根付きの立派な電停でしたが
段差がかろうじて存在していたことを主張しています。

福井鉄道600形

市役所前停留所で下車。
するとすぐに先ほど福井駅停留所に到着した
600形602号がやってきました。

福井鉄道600形

幕が故障しているらしく紙に印刷した
行き先表示でした。

福井鉄道600形

反対側の幕は普通に生きていました。
越前武生行きなので田原町方面では扉の扱いはせず

福井鉄道600形

すぐに武生方面の電停へ移動して行きました。
ヒゲ線運用は運転士泣かせのような気がしますね。
あるロバティックです。

急行が遅れてやってきた!先行普通はどうする?

福井鉄道F1000形 FUKURAM

602形が出発したらすぐに急行越前武生行きが接近。
この時間に急行越前武生行きはありません。
市役所前12:08が10分以上遅れているようです。

IMG_1195

遅れが出ると渋滞するようです。

 

福井鉄道では普通列車が急行列車を待避することはありません。
しかし、普通列車は福井駅を経由するため、
福井駅にいる間に後続の急行が追い越していきます。
この急行越前武生行きは普通の続行を強いられるようです。

 

ただし、途中の神明駅は2面3線の駅で退避が可能。
600形は臨時退避したかもしれません。

貸切列車の思い出

福井鉄道600形

600形と言えば過去に貸し切り運転をしたことがあります。
そのときの画像を見ているとどうやら途中駅で退避を
しているようです。
どこで撮影したか定かではありませんが、
行き先表示を普通神明にしているので神明駅でしょう。

 

追い越していったのは急行塗装をまとった200形。
600形も後に似たような塗装をまとうことになるとは。
予想もしていませんでしたね。

 

600形は元は名古屋市交通局名城線の車両です。
ということもあって貸切運転をすることになりました。
当時から波動用となっており団体列車などを中心に
運用されていました。
定期列車として運用されているのはレアだと思います。

→2016年03月27日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です