和歌山から王寺まで最安運賃を考察|希少大和路線で青103系




鉄道コム


橋本から五条へと向かいます。
和歌山線は2回に分けて電化が行われており、
簡易式の電化が行われた北端が五条駅です。
いよいよ直接吊架線の終わりが近づいてきました。


[スポンサードリンク]


大和二見駅 和歌山線

大和二見駅。
ローカル線だと交換設備を撤去する駅があります。
大和二見駅も棒線化されていました。
架線柱やホームはそのままですね。
和歌山県に別れを告げて奈良県に入りました。

五条駅 エアセクション 和歌山線

五条駅手前にエアセクションが存在します。
和歌山線は1980年に王寺~五条が先に電化している関係で
後から電化した和歌山側にエアセクションが
設置されていました。

変電所は五条駅構内にあります。
この前の変電所は高野口変電所で約15km前です。
粉河変電所からが約15kmなので高野口変電所は
中間点に作ったといえますね。

 

和歌山線の電化設備は簡易的なので必要最低限です。
そのため変電所も設置距離ギリギリで存在しています。

 

五条で10分ほど停車して出発。
いつもローカル線に乗車して感じるのは鉄道は
学生のためにあるということですね。
地方だと特に乗客の大半は学生で、
学生を入れ替えながら終点を目指して走ります。

 

隣は北宇智駅ですがスイッチバックがなくなり
特徴の無い某駅になっていますね。
面影はあるみたいなので降りてみるのも楽しい
かも知れませんが。

吉野口 117系 和歌山線

吉野口駅で交換。
こちらは近鉄吉野線との乗換駅です。
JR、近鉄ともに交換設備を持っています。
相互接続もしているようでほぼ同発着でした。

 

真っ青な117系が。
和歌山の117系は元からオーシャンブルーなので今となっては
違和感無いような感じもします。
和歌山線の105系もこれに同じ。

 

五条駅でしばし停車。
ここから学生がどっと乗ってきて車内は混雑。

そういえば以前奈良交通八木新宮線に乗ったときにも、
五条駅に立ち寄りました。
バスの方は五條なんですよね。

 

前面展望していましたが、五条以北はシンプルカテナリーで
エアセクションも特徴らしいものがないため
だんだん退屈になってきました。
しかもずっと立ちっぱなしなので足が棒に。

105系 扇風機

京急の800形を見て扇風機がどうこう言いましたが、
JR西日本にはまだまだ扇風機搭載車両がゴロゴロいますね。
103系はどうなるか分かりませんが、
105系は当面置き換えられることはないだろうし。


[スポンサードリンク]


105系 7セグメント 運賃表

7セグメント式の運賃表も数を減らしているなと思います。
バスも最近はLCDタイプのものですからね。

 

さて、今回は大回り乗車です。
王寺までの運賃が和歌山と紀和では運賃差が250円もあることに
お気づきではないでしょうか。

 

大阪近郊区間に紀勢本線は含まれておらず和歌山市~和歌山も
区間外となっています。
和歌山から王寺の場合は和歌山線経由(87.5 km)よりも
天王寺経由(83.4km)の方が短くなります。
ですから運賃は阪和・関西本線経由が適用されるわけです。

 

大回り乗車が成立するのはエリア内だけの話です。
和歌山市駅や紀和駅は範囲外ですから、
範囲外から乗車すると和歌山線経由の正規運賃になります。
よって250円も上がるのです。

 

和歌山駅で一度下車すると紀和では110円、
和歌山市なら50円安くできるみたいです。
さらに言うと和歌山→王寺の場合は分割乗車券で160円
安くすることができます。

 

和歌山→美章園が860円、美章園→王寺が390円で
1250円となり160円安くなります。
この場合は経由地が美章園に固定されるので
和歌山線に乗車できなくなります。
(和歌山→和歌山線→王寺→美章園→一旦下車→王寺は可)

 

このくらいにしておきます。

IMG_0750

和歌山線を乗り通して王寺駅まで来ました。
ここからは関西本線で木津まで行きます。
乗り継ぎの列車は快速奈良行きです。

IMG_0751

数時間前に阪和線内で見た車両がやってきました。
このタイミングで現れるとは…

 

関西本線を北上して奈良を目指します。
王寺から北の関西本線はき電吊架シンプルカテナリーに
更新されていました。
JR西日本のハイパー架線ですね。

 

架線設備は新しいのですが車両はVVVFがほぼなし。
一説によると変電所設備が対応していないため
増やせないという事情があるようです。
直通快速があるのでまったくダメではなさそうですが。

 

内部関係者いわく、
VVVF制御でない車両は奈良に集結させるそうです。
その方が車両の管理効率は良いですからね。

奈良 103系 青

田園風景の中を4扉の混色が爆走して奈良に到着。

IMG_0754

奈良駅で下車して京都方面を目指します。
みやこ路快速ではなくただの快速です。
みやこ路快速とは違い新田とJR小倉にも停車するタイプ。

 

途中玉水で交換のため4分停車。

WS000001

今期の18きっぷは赤いのです。
玉水駅発行なのでしばし里帰り。

 

玉水以降は反対列車待ちはなく定刻通り東福寺へ。

IMG_0756

とうふw

 

今回は大回り乗車なので一旦下車する必要があります。
これにて今回の大回り乗車は完了です。

 

ここから先は再び青春18きっぷで入場して京都へ出ました。
後続の普通列車は17分待ち。
奈良線は単線区間があるため運転間隔がよろしくありません。

 

向かいには1ヶ月ほど前に乗車した京阪本線
あちらは普通・準急が上下10分間隔で発着しているのに加えて
特急も10分間隔で通過していくのでそれを見ながら
時間を潰します。

 

後続の普通列車に乗車して京都まで戻ります。
7時間ぶりに京都駅までもどってきました。
和歌山は遠いですね。

 

今回の行程はこれにて全て終了。
381系くろしおに乗車できたので満足なのですが、
和歌山線の電化はなかなか見応えがあるかなと思います。
和歌山線に乗るときは無理矢理電化しているということに
注目してみるのもアリですね。

 

名古屋までの行程も特になにもありませんでした。

→2015年09月04日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です