京急デト11・12形・都営車・ブルースカイトレインを見ながら浦賀へ




鉄道コム


京急富岡駅は合成素子の観察をするために来ただけなので
それが終われば次の行程に入ります。
名古屋まで戻らないと行けないので午後から余裕は
あまりありません。


[スポンサードリンク]


IMG_0625

浦賀行き普通に乗車して先を急ごうと思ったのですが…

京急デト11・12形電車

見慣れない車両が現れたわけです。
京急は全線で10分間隔の運転を行っており、
幸い予定よりも早かったので10分遅らせて
この黄色い車両を観察してみることにしました。

京急デト11・12形電車

京急デト11・12形電車というそうです。
一応無蓋貨車という扱いとのこと。
電装されているのに貨車なのか。

京急デト11・12形電車

車内も見てみます。
ロングシートがありました。
種車は旧1000形みたいです。

京急デト11・12形電車

2015年8月24日は月曜日です。
ウィキペディアには月曜日と木曜日に京急久里浜~神奈川新町
を往復する運用があるみたいなことが書かれているので
偶然にもその運用にでくわしたというところでしょうか。
これはまったくの予想外でした。

 

さてデトは2両編成を組みます。
京浜急行のエアセクションは最少が4両クリアなので
2両クリアはありません。
この2両の扱いがどうなっているかは気になるところです。
4両クリアでも問題ないのでそうしているかもしれません。

京急800形

気を取り直して10分後の普通浦賀行きに乗車します。
京急では800形ダルマがそろそろ危ないと言われていますが、
運行本数自体はまだまだ多いように思えます。

 

6両の銀1000形が増えていますが、
まだ大丈夫そうな感じです。
そう言っていつの間にか消えているのがJR東日本。

IMG_0634

隣の能見台駅。
なにやら見慣れぬ白い車体。
都営車の間合い運用に出くわしたようです。
走行距離調整の関係なのか1日1本だけ三崎口行きがあるのは
知っていました。


[スポンサードリンク]


 

最高速度が110km/hで設定されているので快特運用には入れず
朝の三崎口運用を終えると久里浜で昼寝をすると
聞いていたのですが、
エアポート急行の運用も受け持つようになったようです。

 

列車を追いかけて行くと
羽田空港まで行ったあとは2分折返しで京成成田行きに
入るらしい。
夕方の品川方面エアポート急行の1番列車のようです。
都営車は列車番号の末尾がTなのでわかりやすい。

IMG_0635

金沢文庫で下車して快特に乗り換えます。
ブルースカイトレインと離合。
羽田空港の青をイメージしていると思っていたのですが、
三浦海岸の青もイメージしているようです。
2100形は羽田空港にほとんど行かないので謎でした。
なるほど。

IMG_0636

金沢文庫から先は快特で堀之内まで行きます。
京急ご自慢の2100形でした。
京急富岡で先回り分をすべて消化して所定になって
しまったので2100形も所定です。
列車番号の末尾がAは2100形なのでわかりやすい。
約10分ですが関東では極めて珍しい転換クロスシートに
乗ることにします。

京急 エアセクション 瀬戸変電所

京急にも複々線があります。
場所が金沢文庫~金沢八景となんとも言えない場所です。
さらにエアセクションもありますね。

瀬戸変電所のエアセクションのようです。

IMG_0638

金沢八景で多くの客が降りて行きました。
ここで空席ができたので座っていきます。
堀之内で下車。
浦賀行きに乗り換えます。
快特等の列車は久里浜線へ直通していくのですが、
本線は浦賀方面です。

京急 浦賀

浦賀に到着。
京急本線を無事完乗することができました。
金沢とか大津とか馬堀とかここは西日本かという
駅名が多いです。

京急 浦賀

乗車位置目標。
2ドアの表示があるので2100形の運用もありそうです。
乗ることはないでしょうけど。

→2015年08月24日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です