小田急のエアセクション標識と東北沢剛体架線エアジョイント




鉄道コム


成城学園前のセミコンパウンドカテナリーを観察した
ところで次の目的に向かいます。
次の目的地は東北沢です。


[スポンサードリンク]


 

セミコンパウンドカテナリーはさまざまな場所で
見られるのですが、
東北沢の設備は限られた場所しか見られないと思います。
では参りましょう。

小田急 2000形

東北沢駅は各駅停車しか停車しません。
ということで各駅停車に乗って東北沢を目指します。
来たのは2000形のトップナンバーでした。

 

座席は程よく埋まっていたので前面展望をすることに。
来る時もエアセクションを何度か通過しましたが
満足のいく写真が撮れなかったのでリベンジです。

経堂変電所 エアセクション標識

こちらは経堂→豪徳寺にあるエアセクションです。
小田急のエアセクション標識は大きいので
わかりやすいものでした。

 

エアセクション内に留置線からの合流もあるので
面白い構造かなと思います。
エアセクション内では原則停車は禁止です。
そのため閉塞信号はエアセクション入り口に設置されています。

経堂変電所 エアセクション標識

こちらはエアセクション内を示す標識。
入り口の標識を小型にしたものですね。
小田急の特徴かなと思うところ、両数クリアがないのです。

 

井の頭線は5両固定なのでなくても良いですが、
小田急は量数がバラバラなのであるのが普通なのですが…

経堂変電所 エアセクション標識

豪徳寺駅手前に「○」があり、
これでエアセクションクリアとなります。

JR西日本 エアセクション

JR西日本…ほとんどの鉄道事業者では両数に応じて
エアセクションクリアが入るのですが
両数関係なくすべての列車が「○」でクリアとなるようです。
この理由はわかりませんが、
おそらく連接車体のロマンスカーが原因かと思います。

 

VSEとMSEは同じ10両でも長さが全然違いますよね?
このように両数と車両の長さが一致しません。
そのため運転士の誤判断を引き起こす可能性があるのです。
ですから、両数どうこうではなく20m級車体の10両分を
クリア位置として固定しているのでしょうか。

 

よくわかりません。

梅ヶ丘駅

梅ヶ丘まで来ました。
ここで複々線は終了して急行線に合流し地下へと向かいます。
将来的にここも複々線化するのですが、
工事中期間は暫定的に急行線へと合流していきます。

 

ホームの途中から分岐するため20m級車体では干渉するようです。
切り欠き部分がありますね。
JR三島駅の伊豆箱根鉄道直通の踊り子号が通過する連絡線
でも見られます。


[スポンサードリンク]


東北沢 剛体架線 シンプルカテナリー

東北沢駅に到着して真っ先に代々木上原方向に進みました。
東北沢駅は地下に入ってするの場所にあるため、
剛体架線とシンプルカテナリー架線のエアジョイントが
間近でみることができます。
これを見るために小田急に乗ったといても過言ではありません。

剛体架線 シンプルカテナリー き電分線

もう少し接近してみましょう。
コネクタで接続されていますね。
ということでこちらはエアジョイントになります。

 

剛体架線の剛体はき電線を兼用していると前の記事で
紹介しています。
これを見ると剛体から電車線へと接続されていますよね。
そのため厳密に言えばき電分線となるのです。

 

さらに、ものすごい屁理屈な言い方をしますが、
この電車線は吊架線によって吊架されていませんので
シンプルカテナリーというよりは直接吊架線になります。

IMG_0584

電車線を下北沢方向に辿って行くと終端部分があります。
剛体架線と平行していますが高くなっているので
摩耗した形跡はありません。

IMG_000582

拡大

WS000002

ジョイント部分からパンタによる摩耗が始まるのではないかと思います。

上原変電所 エアセクション

ちなみに代々木上原方向にはエアセクションがあります。
閉塞信号がエアセクション内にありますね。
普通はこのような配置はないのですが、
地下化工事によってやむを得ずというところでしょうか。


このエアセクションは上原変電所とのき電区分のようです。

上で紹介した経堂~豪徳寺のエアセクションは

経堂変電所のき電区分です。
Google MapsはJRと大手私鉄なら変電所の位置が登録されているので
エアセクションを探すが楽でよいです。

 

本日の午前の目的は達成したので新宿へ。
最近まで小田急新宿駅に地下ホームがあることを知りませんでした。
地下ホームは剛体架線を採用していますね。

 

家で画像を見ていたら良からぬものを発見してしまいました。

小田急 合成素子

 

小田急 合成素子

これは合成素子かもしれませんね。
西武に続いて小田急でも採用しているみたいです。
合成素子については後ほど京急のところでじっくり触れます。

→2015年08月24日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です