ホリデー快速ビューやまなしで新宿を目指す|小淵沢で大混雑が…




鉄道コム


上諏訪駅の立ち食いそば屋を訪問して目的を達成したので
次なる目的地へと足を運びます。
本日の行き先は東京です。


[スポンサードリンク]


 

名古屋から長野方面への乗り得列車はナイスホリデー木曽路号ですが
東京方面行きの乗り得列車もあります。
それがホリデー快速ビューやまなし号。
今回はこの2列車を乗り継いで東京へ行く方向でかためました。
よって、時間つぶしとしてあれこれ寄り道しているわけです。

 

上諏訪駅には足湯があり時間つぶしに入ることもできたのですが、
時間がなくなり先へ進むことに。

長野 211系

ここにきてようやく211系の登場です。

IMG_0472

しかもトップナンバーというネタっぷり。
6両固定編成です。

IMG_0473

全然知らなかったのですが、長野地区の211系にもセミクロス車は
いるようですね。
とはいえここまで見てきた211系は3000番台が多くほとんがロング。
乗車できる機会は極めて少ないように思えます。

IMG_0474

席は埋まっていたのでしかたがないのでかぶりつきをします。
運転台側もプレートは撤去されてステッカーになっていました。
フォントはゴシックみたいです。
全角と半角混ぜてるだろという不揃い感。

 

列車に乗り継ぐこと40分で小淵沢に到着します。
15:44着がホリデー快速ビューやまなしへの乗り継ぎ最後の列車になります。
この後は特急列車しかありません。

 

ということもあってか小淵沢についたら乗車していた人が
一斉に動き出しました。
やはり考えることは皆同じのようです。

 

さらに、小淵沢は小海線の接続駅。
小海線から先客があり、すでにホーム上は大混雑。
見る限り登山客でした。
こうしてみるとやはり登山する人が多いなと思います。

 

行列はホームの反対側まで出来るほどの大混雑で
通過列車は警笛を鳴らしながら徐行していました。
ホリデー快速ビューやまなし号待ちの混雑は
デフォルトみたいですね。

キハ110 首都圏

小海線には首都圏風や急行色風キハ110がいます。
ゆっくり撮影している状況ではありませんでしが
かろうじて1枚。

 

ホリデー快速ビューやまなし号に接続する16:12着が
急行色でしたがホーム上は行列ができていて
撮影どころではありません
もちろん、この列車に乗ってきた人も行列の後ろに並びます。

 

ホリデー快速ビューやまなし号は先頭車除いですべてが
ダブルデッカー構造の車両です。
人気席は各車両の2階席。
事前に2階席から埋まっていくという情報は掴んでいました。

乗客はほとんどがグループであり1区画を確保していくので
後ろに並んでいても窓側の確保はできます。
しかし、怪しい空気が流れていたのであえて1階席を狙いました。

午前の運用を終えた215系は甲府まで回送されるようです。
以前甲府駅で見かけたので置く場所が甲府駅しかないのでしょう。

 

午後の運用は甲府から富士見駅まで回送した後に
回送で折り返してきて16:15入線、16:17小淵沢始発となります。
停車時間は約2分。

 

定刻通り入線してきてすぐに扉が開きました。
予想通りですが先客は2階席を目指します。
私は一目散に1階席を目指しました。

ホリデー快速ビューやまなし

これが功を奏してなんとか座席を確保。
このまえの京阪で1階席に座ろうと思って失敗したので
ある意味良かったのかもしれません。

 

ちなみに上諏訪で指定席の埋まり具合をみたら△でした。
指定席も安全ではないようです。
グリーン車は○でしたが指定席なので青春18きっぷでは
乗車できません。
(乗車できるのはグリーン車自由席に限る)


[スポンサードリンク]


IMG_0479

たまには1階席のローアングルも悪くありません。

ホリデー快速ビューやまなし

小淵沢駅のホームの高さチェックするのを忘れたのですが
おそらく嵩上げされて1100mmになっていると思われます。
カーブ駅なのでカントの影響で車両の方が高くなっています。

 

小淵沢から約2時間半の乗車になります。
ナイスホリデー木曽路号とは違いこちらはボックスシートです。
座席の質は劣りますね。

 

しかし、クッションの硬さもほどよく座っていて
疲れるような感じはありません。
1階席なので走行音がある程度することを覚悟はしていましたが
防音があるのか静かでした。
車端部の平屋席のほうがうるさいくらいです。

 

2階席を確保できなかった乗客が流れ込んできて
小淵沢を出る時点では進行方向窓側の席はすべて
埋まるくらいでした。
1階席はグループ利用がなかったので比較的空いていました。

 

2階席はグループ利用が多いので圧迫感がある空気です。
小淵沢駅での混雑様でも圧倒的な収容力により車内での混雑は
ウソのような感じになりました。
さすがダブルデッカー10両編成です。
大混雑の小淵沢駅の乗客を2分でさばいて定刻通り出発しました。

 

甲府からはさらに乗客が増えてすべての席が埋まりました。
ここまで来ると1階席も圧迫感がありますね。
ダブルデッカー構造であるため天井が低いのも
そのような印象を生む原因なのでしょう。

 

甲府からでも席を選ばなければ着席はできると思います。
進行方向窓側を確実に抑えたければ小淵沢からの乗車で
1階席を狙うに限ります。
どうしても2階席窓側を狙うなら少なくとも1時間以上前から
並ぶことが必須ですね。

IMG_0480

時刻表には掲載されていませんが、
ホリデー快速ビューやまなしは運転停車による特急あずさ26号退避が
甲斐大和駅で行われます。
通過列車が通過駅で退避をするという臨時列車ならではの
光景が見られます。

IMG_0481

この日は特急あずさ26号が遅れており大月駅には5分遅れで到着。
大月駅手前で17:37着と思われるフジサン特急と並走。
富士急も遅れていたみたいです。

あの編成に乗ったなと懐かしさを感じました。
富士急からの乗客を待ったためさらに1分ほど遅れが発生。

IMG_0483

相模湖でE233系による大月行きと離合。
E233系を見ると関東まで来た感じがします。

ホリデー快速ビューやまなし

八王子までは乗客は乗る一方でしたが、
東京のベッドタウンである八王子、立川、三鷹と
多くの人が下車していき新宿手前では比較的混雑は
解消されていました。
新宿駅には定刻で到着。

 

215系はじめての乗車でしたがなかなかおもしろい車両でした。
乗車整理券を購入してまで乗りたい車両ではありませんが
行楽列車として乗るには十分よい車両です。

 

ということで、
中央本線をひたすら東に進み東京を目指す本題は
無事遂行されました。
中央本線の乗り得列車であるナイスホリー木曽路
ホリデー快速ビューやまなしを乗り継ぐという
誰もが思いつきそうなネタをやってみました。

 

接続は決して良いとは言えませんが、
辰野支線や上諏訪のデイリーヤマザキなどネタなスポットも
ありますので時間をつぶしながら待つのもよいでしょう。
紹介しませんでしたが上諏訪駅には足湯もあります。

 

今回の教訓。
ホリデー快速ビューやまなしに乗るならもっと
先回りしておかないとダメですね。

→2015年08月23日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


“ホリデー快速ビューやまなしで新宿を目指す|小淵沢で大混雑が…” への2件のフィードバック

  1. イチロー より:

    2017.8.27上諏訪⇒小淵沢~立川で利用

    15:04 上諏訪発 普通 塩山行き
    乗車位置 改札斜め左側 二重点字ブロック乗車表示場所左側ドア

    15:44 小淵沢着
    ホリデー改札ビューやまなし9号車乗車口 着

    16:15 入線まで並んで待機
    (丸政そばは食べに行けず。隣の人に声掛けてとか交代で行けるかも。丸政そば5人待ちで並んでから15分で完食)

    16:05 特急あずさ24号 新宿行
    自由席満席 立席あり
    16:10 特急はまかいじ 横浜行
    自由席混雑 空席少

    16:17 乗車 平屋部 左側窓際
    日陰○ 騒音多い× グループ騒音なし○
    景色△ 富士山逆側×

    石和温泉辺りから立席あり、指定、グリーンともほぼ満席、放送あり

    小淵沢で10号車乗車口 2ヶ所はハズレの可能性大 
    9号車、2号車の収容力大 諦めず並ぶ◎

    • oisui39(旧hanatabiRSR) より:

      イチロー様

      コメントありがとうございます。
      2年前とだいたい同じ感じかなと。

      この列車は始発の小淵沢駅から混雑するので、
      乗車するにはコツが必要です。
      この日も指定席は出発前に完売していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です