京阪特急で出町柳から京橋まで戻り中之島線へ




鉄道コム


宇治線を乗り終えたら、さらに京都方面へ進みます。
京都方面へは接続する特急で向かいます。
京阪特急は現在8000系と3000系が中心に入っています。
割合はどのくわいか分かりませんが、昼間は8000系の方が
多いように見えます。


[スポンサードリンク]


IMG_0399

入ってきたのは8000系の方でした。
ダブルデッカーが名物の8000系です。
かつてはテレビも設置されていましたが現在は撤去されています。

IMG_0400

特急に乗車して祇園四条、三条、神宮丸太町と下車して出町柳まで来ました。
これらの駅は全て地下駅なので地上に出ないと位置登録ができません。
この区間は10分間隔であり出町柳まで30分ほどかかっています。
これにて京都方面の駅奪取は終了。
昇降運動が大変です。

IMG_0401

これで終わりといきたいところですが、残念ながらそうはいきません。
京橋から京都方面へ移動したので、今度は大阪方面へ行く必要があります。
特急で大阪方面までひとっ飛びと行きます。
乗車するのは3000系なのですが、1本前でも間に合いました。

 

こちらは8000系で乗るならダブルデッカーの1階を狙っていたのですが、
お決まりでダブルデッカーは長蛇の列。
2階席も1階席もすべて埋まっており泣く泣く次発を待つことに。
その次発が3000系でした。

 

新3000系は中之島線開通とともに快速急行用の車両として登場していますが、
現在はほとんど運用がないようです。
最終的に淀屋橋~出町柳の特急として活躍しているみたいです。
3ドアであるためラッシュ時の特急には重宝されているとか。

IMG_0403

いつものことですが車内では爆睡。
昇降運動の疲労が直撃したみたいです。
楽しみにしていた京阪特急もただの寝場所としてしか機能せず
なんとなく残念な状態で京橋に到着。

北浜駅 なにわ橋駅

京橋からは中之島線系統に乗車してこちらもまた1駅ずつ降りて
位置登録をし駅奪取をやっていきます。
中之島線と京阪本線はほぼ並行しており
北浜となにわ橋、淀屋橋と大江橋はそれぞれ乗換駅となっています。

 

北浜となにわ橋は橋をわたってすぐの位置関係であり次の列車を
待っている間に往復できます。
ついでに北浜駅もやっておきました。


[スポンサードリンク]


中之島駅

再び昇降運動を繰り返して無事中之島駅に到着。
中之島線は地下が深いので京都側の地下よりも地上に出るのが
大変でした。

IMG_0406

18時台の中之島駅。
人がほとんどいませんでした。
平日の18時台は夕ラッシュのどまんなか。
正直ここまで閑古鳥が鳴いているとは思いませんでした。
3000系を特急に転用した理由もわからなくはないですね。

IMG_0407

中之島駅で出発を待つ快速急行樟葉行き。
一応中之島線では快速急行は残っていますが、
3000系ではなく急行に投入される8両編成の車両みたいです。

 

中之島線内は各駅に停車して本線は枚方公園を通過するだけで
急行と同一の停車駅となります。
これまた微妙な列車となっております。

その停車駅が

  • 渡辺橋
  • 大江橋
  • なにわ橋
  • 天満橋
  • 京橋
  • 守口市
  • 寝屋川市
  • 香里園
  • 枚方市
  • 樟葉

香里園、樟葉以外はすべて語尾が「し」。
自動放送を聞くとなかなかおもしろいです。

 

大江橋で降りて徒歩で淀屋橋まで移動します。
淀屋橋から天満橋まで移動します。
18時台なのでラッシュのどまんなか。
こちらは行列ができていました。

IMG_0408

見慣れぬ行き先の列車がいました。
淀は急行通過駅ですが、ラッシュ時は終着となる急行があるようです。

IMG_0409

終端駅で見られる切り欠きホーム。
淀屋橋もあります。
京阪の地下区間では剛体架線が活用されていました。
なかなか見ることができない剛体架線の末端部分。

 

通常架線の終端部分は碍子で絶縁している場合がほとんどですが、
剛体の上にあるもう一つの電車線でどこかへ送るようにしているみたいです。
このような終端部分はなかなか見ませんね。

 

このあとは比較的空いている各駅停車で天満橋まで移動し
位置登録を終えて京橋へ。
京橋からは環状線、東海道本線を乗り継いで名古屋まで。
なんとか京阪本線系統の全駅位置登録ができました。

→2015年07月30日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です