太多線キハ11乗り納め新型車両に変わる前に


キハ11 太多線


鉄道コム


2015年3月のダイヤ改正はJR東日本や西日本で大きな
変動がありますが、地元JR東海も動きがあります。
それに絡めた日帰り旅行記になります。
青春18きっぷではなく青空フリーパスを使っています。


[スポンサードリンク]


最初の目的はキハ11の乗り納めです。
2015年3月1日に武豊線が電化します。
2015年1月現在はキハ75形やキハ25形が運行されていますが
電化後は電車による運行に変わるので車両に余剰が出ます。

 

 

この余剰車の一部が美濃太田車両区に転属し
従来車を置き換えます。
キハ11は置き換え対象から外れていますが太多線からは
撤退することが決まっており乗り納めすることにしました。

 

 

DSC04254
名古屋駅より多治見へ向かいます。
中央本線も高蔵寺までは本数が多いですが
その先は徐々に本数が減ります。
といっても多治見であれば毎時5本はあるので利便性は悪く
ありません。
そのため多治見から名古屋へ通勤する人は多いです。

 

 

211系5000番台 クロスシート
来た車両が211系の10両編成でした。
神領には313系2両の配置が続いたためクロスシート率は
上がっているはずですが211系10両のオールロングも
運行されています。
実はその211系には1箇所だけクロスシートが存在します。


[スポンサードリンク]


 

 

見ての通りですがロングシートの向きが違うだけです。
こんなクロスシートありなのかと言いたくなりますね。
そのクロスシートはトイレの横にあります。
理由はよく分かりませんが、
ロングではトイレに向かって座ることになるので
その配慮でしょう。

 

 

キハ11 太多線
多治見で太多線に乗り換えます。
車両はキハ11でした。
運用は調べておきましたがキハ25形が汎用的に運行
されているので車両変更されることも十分ありました。
とりあえず一安心です。

 

 

こうして多治見駅でキハ11が見られるのもあと数ヶ月。
カメラ持っている人はちらほらいました。
改正まではまだ時間があるのでこれから増えてくる
かもしれません。

 

 

キハ11に揺られて美濃太田まで行きました。
キハ11で太多線に乗ったから何ってことはないですが
今後乗る機会が減るのは間違いないので乗り納め
としては良かったのではないかと思います。

 

 

美濃太田車両区にはキハ40が多く留置されているのを確認。
キハ25形1000番台は1編成のみだったので5編成が稼働中。
半分くらいは置き換わっていそうです。

 

 

キハ11は次の改正で太多線の運用は終了しますが、
高山本線では引き続き運行されるようです。
東海交通事業持ちで貸出中の2両が関係したものと
考えられます。

 

 

キハ11が今後どのような運用になるのかは
予想が難しいです。

→2015年01月18日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です