ナゴヤ球場前変電所(名古屋鉄道)エアセクション観察




鉄道コム


最近は架線の張り方とかエアセクションとかそういう
電気系の話を扱うことが増えています。
地上設備は注目はされませんが見ていて面白いと感じます。
今回は名古屋鉄道のナゴヤ球場前変電所の観察です。


[スポンサードリンク]


山王駅ではエアセクションの表示がすぐ近くで見られる
という情報を仕入れたので実際に行ってみました。

 

 

山王駅 ナゴヤ球場口
DSC04010
現在は使われていないナゴヤ球場専用の出入口。
こちら側にエアセクションがあリます。
架線のビームを見るとエアセクション?のサインがあります。
よくよく見ると東海道本線側にもエアセクション開始の表示が。

 

 

山王 エアセクション
緑の表示もエアセクションのサインですね。
エアセクションななのでき電線は2系統になります。
ここを境に名古屋方向と金山方向に伸びています。

 

 

DSC04006
エアセクションは山王駅を出てすぐの場所にあります。
デッドセクションであれば駅を出てすぐの場所にセクションを
設けるということはありえませんがエアセクションは
セクション内での加速は可能なため問題がありません。
都合がわるいといえば出発後に緊急停車するときくらいです。

 

 

DSC04007
名古屋鉄道ではエアセクションは1架線柱に対して2両と
しているようです。
最大量数は8両なのでセクションクリアは8両になります。


[スポンサードリンク]


 

 

DSC04019
名古屋本線下りは山王駅構内にエアセクションクリアがあります。
当然ながら停車位置はセクションにかからない場所になっっています。
2両の表示だけホーム側を向いていました。
よく分かりません。

 

 

DSC04028
ホームは端にはエアセクション?のサイン。
斜め2本線はエアセクション手前にあるサインですが
セクションクリア後にあります。
じっくり観察したことがないのでこれが何を意味するかは不明です。
所定位置というのも不明。

 

 

DSC04011
き電線の先は地中に埋まっています。
この付近にはナゴヤ球場前変電所があるはずなんですが
それらしきものが見当たりません。
まさかこの下にあるのでは?と思い探してみたところ

 

 

ナゴヤ球場前変電所
意外な場所にありました。
変電所は線路脇にあるものと思っていたのですが
このように離れた場所にある場合もあるそうです。
簡単ですがナゴヤ球場前変電所とエアセクションでした。
駅名は改名されていますが変電所の名称はそのままのようです。
住所変更が必要になるので面倒だったのかもしれません。

 

隣にある名古屋き電区分所のエアセクション↓

 



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です