金沢駅から富山・高山本線経由で帰る|高山駅からキハ40系一般色風に乗車




鉄道コム


北陸鉄道の完乗を果たして午後になります。
時間的に何かでいるほど余裕はなさそうなので帰りの行程を考えます。
調べていくと高山本線経由で美濃太田にでられることが判明したのでその行程で行くことにします。


[スポンサードリンク]


金沢駅→富山駅(JR西日本|北陸本線)

青春18きっぷはここからになります。
ようやく使う時がやって来ました。
北陸本線でいつもどおり米原に出る方法を考えていたのですが
高山本線経由で行くことにします。

 

以前、日帰り富山の計画を立てて実行したことがあり
そのときは16時台の猪谷行きに乗ると21時過ぎに美濃太田駅に到着できます。
調べてみたらその経路は健在なので再度実行することにしました。

IMG_1424

黒部行きは413系。
主に七尾線用の4番ホーム(切り欠き部)より出発します。
ここから富山方面行きが出るのは珍しいですね。

 

以前七尾線に乗車したときに大半が415系800番台のはずが、
行きも帰りも413系に当たるというレアケースに遭遇しました。
時間帯的にもその列車が金沢駅に戻ってくる時間です。
その続きの運用ではないかと思われます。

 

七尾線は後に直流電化されるのですが、
それ以前は気動車による運用でした。
金沢駅はドーム状の構造の駅ですから
気動車を長時間停車させると排煙が籠もる問題があったのです。

 

それを回避するために切り欠きホームが活用されていました。
今は電車化されているので全く意味がないです。
七尾線は切り欠きホームから出るが定着して、
今でも続けられているのでしょうね。

IMG_1427

魚津まで乗り通します。
富山で下車すればいいのですがコロプラで未取得の
地域があったので取得のためにやって来ました。
それくらいしか意味は無いです。
その他の地域は急行きたぐにに乗車したときに取得済み。

黒部行きはここで後続のはくたかを退避。
あと1駅ですが逃げきらず特急と接続します。

IMG_1433

はくたかの上下列車はこの付近ですれ違い。
金沢行きのはくたかがやってきましたた。
サンダーも683系比率があがり681系は希少であるがはくたかは681系が主力。
これも北陸新幹線開業までであるが。

IMG_1438

折り返し普通列車は先程の413系が戻ってきたので乗車。
魚津だったら富山地方鉄道という手もありますが時間がよくないのでパス。
富山まで戻り下車。


[スポンサードリンク]


IMG_1436

475系の北陸色にも出会えました。

富山駅→猪谷駅(JR西日本|高山本線)

IMG_1440

富山駅からはいよいよ高山本線。
美濃太田駅まで抜けることができるため乗り鉄が多数でした。
この次でも美濃太田駅までは行けますが、そこから先ががありません。
名古屋方面へ向かうなら事実上これからのルートが最終列車です。

高山本線のJR西日本管轄区間は2010年に2回ほど乗車してます。
そのときはキハ58系に乗るのが目的でした。

猪谷駅

約1時間ほどで猪谷駅に到着。
富山駅を出た頃とは打って変わって豪雪です。
駅名票が隠れるほどってなかなかの積雪ではないでしょうか。

猪谷駅→美濃太田駅(JR東海|高山本線)

IMG_1443

猪谷駅からはお馴染みのキハ40です。
ここからJR東海の管轄に入ります。
高山行きのため高山駅まで行き乗換です。

IMG_1445

高山駅からはまさかのキハ40形一般色風でした。
いつもながら変な車両に良く当たりますね。
この列車に揺られること2時間で美濃太田駅に到着。

 

美濃太田駅からはキハ11形。
鵜沼で下車して犬山線に乗り換え帰宅。
こうして2011年冬の陣は終了です。

→2012年01月09日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です