東北目指し横須賀線・東武宇都宮線乗りつぶしながら【秋の乗り放題パス2012その1】


E217系 久里浜


鉄道コム


2012年10月16日。
青春18きっぷの利用期間ではありませんが秋の乗り放題パスという
効力が全く同じきっぷが発売されたので利用してみました。
秋の乗り放題パスは効力は青春18きっぷと同じですが、
3日連続使用である点と1回あたりが18より割高という違いがあリます。
3日連続で3連休くらいしか使い道がないので扱いづらいパスになります。


[スポンサードリンク]


 

行き先は南東北に決めました。
福島を中心にしてきました。
震災発生から東北エリアは全然巡っていなかったこともあって
久しぶりに行きたくなったので行きました。
復興支援になればいいかなとそんなノリです。

 

福島県を中心にまわることになっています。
福島県は会津鉄道には何度かお世話になっていますが中通り、浜通りは
あまり縁がなかったのでそちらをメインにしています。

 

名古屋より普通列車を乗り継ぎ静岡を横断して熱海に入ります。
静岡は横に長く各駅停車中心なので突破が大変です。
新幹線の駅が6駅もあり長年1位の座を築いて来ましたが、
東北新幹線の八戸開業時にいわて沼宮内、
二戸が岩手に加わり2位に転落しました。

E233系3000番台 熱海
熱海より最近増殖中のE233系3000番台。
小田原まで乗ります。
来宮に停車していましたので次に入るだろうとは思っていました。

 

 

E231系1000番台 小田原
小田原から湘南新宿ライン高崎線直通の特別快速に乗ります。
見慣れたE231系1000番台です。
所属はどこか分かりません。
120km/hで爆走していました。
ヨーダンパなしで120km/h運転をやってしまうクオリティ。

 

 

DSC00636
大船で下車ります。
大船で乗り換えて寄り道、横須賀線に入ります。

 

 

DSC00637
横須賀線といえばあの有名な田浦駅があります。
名物ドアカットが行われているところです。
この駅は10両分しか有効長がなく、両端がトンネルで挟まれており
拡張もできない状態にあリます。
そのため1両と1/4のドアが開かないようになっています。

 

 

興味深いのは停車位置で、先頭車がドアカットします。
つまり先頭車はトンネル内で停車します。
車掌のドア扱いが最後部でしかできないのでこのように
なっているんでしょう。

 

 

基本、中間車全部にドアスイッチがある名古屋鉄道の基準で
考えてはいけませんね。
先頭車から2両目のドアも締め切りというのは意外でした。
そういえば、10両分しかないのであれば湘南新宿ライン系統の
E231系を使えばいいような気もしますが、この1箇所のドアも
開けないので運用にまわせないということなんでしょうかね。

 

 

E217系 久里浜
終点の久里浜につきました。
横須賀線はこれにて完乗です。
すぐ近くには京急久里浜があり乗り換え可能です。
利便性で言ったら間違いなく京急のほうがいいでしょう。
横須賀線は横浜まで1時間近くかかりますが京急の快特なら
35分程度です。
横須賀線が横浜に着く頃、京急快特は品川で圧勝です。

 

 

来た車輌の折り返しで戻ります。
E217系は11両基本編成と付属の4両があります。
基本編成は久里浜側が1号車で付属編成を連結するのが
久里浜側なので付属編成は増1~増4の号車番号が振られています。
JR北海道みたいです。

 

 

JR東日本においては基本を10両とし付属を5両にします。
そしてグリーン車の位置は4、5に統一されています。
運行上分離されている常磐線もこの編成になっています。


[スポンサードリンク]


 

 

しかし、横須賀線のみ変則編成となっています。
理由は逗子駅の留置線が12両対応なので基本編成11両1本もしくは
付属編成4両を3編成という留置のほうがスペースの有効利用ができると
そんな理由みたいです。

 

 

E217系のグリーン車の位置は4号車と5号車なのですが15両編成で
運転する場合は1号車の前に付属編成を連結する都合で他線の車輌と
グリーン車の位置が合わない現象も起こっています。

 

 

付属編成の位置を変更すれば解決する問題ですが、
留置線が久里浜側にあるので大船側に連結するのが困難なようです。
米原駅で付属編成を停車させておいて長浜から来た車輌を連結するのは
当たり前のように行われているので納得できなかったのですが、
逗子駅のラッシュ時間帯でこれをやるとなると短時間で作業しないと
いけないので難しいようですね。

 

 

DSC00639
逗子で下車して宇都宮線直通の宇都宮行きに乗ります。
時刻表上では快速ですが大宮まで普通なので区間快速です。
これに乗るために横須賀線に乗ったようものです。
さすがに始発なのでボックスの進行方向席を確保できました。

 

 

DSC00643
関東圏のラッシュを抜けて小山まで来ました。
ここで乗り換えです。

 

 

DSC00640DSC00641
両毛線に乗り換えるのですが遠い。
不慣れな人だと迷うような駅構造になっています。
なんでこんなに離れた場所にあるのか?

 

 

両毛線 211系
しばらく歩いて両毛線乗り場に到着。
停車していたのは211系。
静岡でいやというほど見た211系です。
5000番台ではなので若干印象が違います。
LEDというのも真新しいような。

 

 

DSC00650 東武8000系 81115F
両毛線は2駅だけ乗車します。
栃木で下車して東武に乗り換えます。
宿が東武宇都宮の近くなのでこれを機会に東武宇都宮線に乗っておきます。
こういう機会がないと乗らないですよね。
久しぶりの東武8000系。
ナンバーがインフレしています。
81115編成は東上線の8両を半分に分割した編成。
最後まで旧前面だった編成のようです。

 

 

DSC00656
東武宇都宮線を完乗し東武宇都宮に到着して本日の行程は終了です。



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です