青春18きっぷ静岡を快適に突破373系ホームライナー


ホームライナー浜松3号


鉄道コム


沼津へ到着しました。
毎度ながら沼津からはホームライナー浜松3号です。
このルートは定番になりました。
といいつつ2013年は一度も乗っていなかったのですが。


[スポンサードリンク]


ホームライナー浜松3号 ホームライナー浜松3号
8月14日お盆です。
お盆期間とはいえ平日です。
誰もが休みというわけではありませんので混雑状況はどうかなと
思いましたが、いつも通りかなと思います。
ホーム上にはホームライナー浜松3号待ちの人が多くいました。
混雑するのではないかなと思うくらいいるのですが、
案外空席はあるものです。
ホームライナーの指定は連番で出しますので窓側から埋まるとか
そういうことはないです。

 

詳しいことはこちらへどうぞ

 

今回は3人で行動をしているため事前に指定券は発行せず
飛び乗りをして車内精算をすることにしました。
ある意味、そのほうが席が選べてよいです。
静岡ホームライナーの席指定のされ方の法則を知っていれば
そのほうが賢いかもしれません。

 

集団で乗車した時は373系コンパートメントがお勧めです。
今回もしっかりコンパートメントをおさえました。
コンパートメントの指定券が出るのは最後でしょうから
超穴場席だったりします。
この日は天候が微妙だったので良くなかったのですが、
富士山を見ながらコンパートメントで駅弁と食べるという
リッチなこともできます。


[スポンサードリンク]


 

ホームライナー浜松3号は熱海18:11発の普通浜松行きと
沼津で接続します。
ホームライナー出発7分後に浜松に向けて出発します。
浜松3号の浜松到着は20:11です。
普通浜松行きの到着は20:51です。
長時間停車はないので純粋に33分差ということになります。
ホームライナーは速いです。

 

天竜川を通過する頃に浜名湖の花火大会が見えました。
たぶん浜名湖だったと思います。
旅の締めにはちょうどいい演出です。
373系に揺られて1時間39分で浜松に到着します。

 

浜松に到着したら1分後に出発する975M普通豊橋行きに変わります。
つまり、ホームライナーからの通し乗車が可能です。
20:46に豊橋に到着し373系の旅が終了です。
静岡地区はロングシートが中心で希少なクロスシート車。
沼津~豊橋と言ったらほぼ静岡横断と同じです。
この167.4kmを373系で快適に突破できるのはありがたいです。
373系の特急運用は悪評ですがホームライナーなら神運用です。

 

DSC03794
豊橋からはいつもだと311系の新快速で名古屋まで戻るので
それまで待つことにします。
接続列車は席が開いていなかったのでスルー。
21:17の新快速を待ちましたが停車していたのは313系1100番台の8両。
どうやら運用が変わってしまった模様。

 

ちなみに後続の区間快速が311系で入線してきました。
やはり変わってしまったようです。
この列車もかつては117系の新快速でした。
東京方面からの戻りは117系が締めでした。

 

DSC03795
金山で下車して3日間の青春18きっぷin上越は終了です。
今回の一番の敗北はE653系のグリーン車に乗れなかったことでしょうか。
こればかりは仕方がないです。
あと8000系の手ブレは再挑戦したいですね。
北越急行も満足できたので良かったです。
次は何をしましょうか。

→2014年08月14日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です