横浜線205系さよなら運転前に乗りつぶし


横浜線 橋本駅


鉄道コム


ようやく横浜線です。
横浜線は205系が風前の灯ということで盛り上がっています。
そういうわけではありませんが横浜線を完乗したいと思います。


[スポンサードリンク]


横浜線に乗車するのは今回が初めてというわけではありません。
前回乗車した時は八王子から橋本まで乗車して相模線に抜けたので
橋本~東神奈川が未乗となっていました。
今回はその区間を埋めていきます。

 

 

横浜線と言ったら205系ですが今となっては昔のこと。
E233系6000番台が今年頭に登場して試運転が始まったかと思えば
半年で205系を引退に追い込むスピードで増殖しました。
これがJR東日本ですよね。
すでに新津では南武線向けのE233系の量産製造がスタートしており
新潟地区で試運転をしています。
南武線もあっという間に置き換わっていくのでしょうね。

 

 

八王子では撮影などをしていた関係で当初予定していた行程に
追いつかれました。
横浜線の205系より東上線の8000系10両に比重を置いていたので
横浜線の205系は当たれば良い程度のつもりでした。
横浜線は単純な乗りつぶしに終わります。

 

 

都合よく205系は来ませんね。
八王子からはE233系6000番台でした。
パンタ付きのモハには菱マークがついていました。
中央線にある笹子トンネルが狭小トンネルであるため首都圏で運用されている
ほとんどの車両はこのトンネルに対応できるPS33というパンタを
搭載しているとのことです。

 

 

狭小トンネルを通過できるパンタ搭載車には菱マークを付けるという
ルールがあります。
ただ、横浜線のE233系は中央線の運用はまず持たないので省略
されているかと思っていたのですがしっかり記載されています。
これは意外でした。

 

 

横浜線 橋本駅
橋本で下車します。
乗ってきた列車は快速で橋本から横浜方向は通過運転があります。
駅奪取で全駅取得確実にしたいのでここで各駅停車に乗り換えます。
快速は橋本で普通列車に接続します。
橋本で土砂降り。
橋本始発の普通列車は出発時に屋根に溜まった水が滝のように流れ落ち
散水車のようになっていました。


[スポンサードリンク]


 

 

橋本駅は相模線と京王相模原線の乗換駅です。
名前は似ていますが走行区間がぜんぜん違うのがこの両線です。
ちなみに相模鉄道はもっと関係ないところを走っています。
相模原駅に行くのは京王相模原線ではなく横浜線といろいろと
噛み合っていないのが面白いです。

 

 

横浜線も横浜線と言いながら横浜駅は含まれていません。
水戸駅のない水戸線、奈良駅のない奈良線のようなものです。
JRとしては珍しくないかもしれません。
横浜線の列車の大半は横浜駅一つ手前の東神奈川が終点になります。
ほとんどの場合、横浜へは京浜東北線に乗り換えが必要になります。
乗り換えなしで横浜へ行けることが少ない。

 

 

休日に運行されているはまかいじ号
横浜線を経由して運転されるため横浜駅は京浜東北線のホームを発着します。
そのためATCを搭載しているとか。
かいじといいながら行き先は松本だったり(甲府から区間延長された)。
横浜線はなんか面白い。

 

 

DSC03790
横浜到着。
新前橋から普通に横浜まで来るとそこまで時間はかからないはずですが
東上線と横浜線を経由したため見事なジグザグルートになりました。
なんとも効率の悪い移動。
乗りつぶしのためなので仕方がありません。
横浜からは毎度同じく東海道本線を西へ向かって進みます。

 

 

DSC03791
熱海からは211系5000番台。
JR東日本の211系は高崎に原色がいるはずですが今回は見ませんでした。
長野地区に転出して数を減らしているかもしれません。
熱海から沼津まで移動しました。

→2014年08月14日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です