【近鉄大回り乗車】京都から名古屋まで近鉄で!アーバンライナー編


大回り乗車 私鉄


鉄道コム


2014年7月6日の続きです。
近鉄の大回り乗車ということで今日から大和西大寺を経由して
奈良線に入り鶴橋を目指しました。
ときどき実施する各駅停車企画で京都から鶴橋まで各駅停車で
移動してきました。


[スポンサードリンク]


DSC03563
そして鶴橋に到着しました。
大回り乗車は布施、大和西大寺、大和八木の3駅の間ならどのような経路で
乗車してもよいというものでした。
このルールならば鶴橋は区間外となります。

 

しかし、これにも特例があります。
接続駅である布施駅は奈良線の快速急行が通過します。
大阪線は特急のほとんどが通過するため大和八木や大和西大寺のように
乗り換えに支障が出やすい駅です。
そのため特例として運賃計算は布施で乗り換えとして
実際は鶴橋まで乗車しても良いということになっています。

 

生駒駅から乗って名古屋へ行くなら西大寺に出て特急乗る方法もありますが、
大阪方面へ行って鶴橋から名阪特急に乗ったほうが利便性は良いです。
もしこれが布施乗り換えしかダメとなれば不便きわまりないですよね。
これで特急利用者が離れるくらいなら鶴橋まで許可して
特急誘導したほうが得策です。
そういう理由があるかどうかはわかりませんが、鶴橋までは可能です。

 

WS000001 WS000000
この画像は京都から名古屋まで計算したものです。
橿原線経由と奈良線・大阪線経由の2通りです。
どちらも同額の運賃となっているのでこれは大回り乗車可能を意味します。

 

ちなみに
WS000002
大阪上本町まで乗車するのはアウトです。


[スポンサードリンク]


 

DSC03567
鶴橋についてからしばらくすると21020系が回送で通過していきました。
これで次の甲特急は確実でしょう。
運用はわかりますがこの日はノープランだったのでまさかネクストに
あたるとは思っていませんでした。

 

大回り乗車 私鉄
12:06のULで名古屋へ向かいます。
この時間に乗ることは今後もないかなと思います。

 

DSC03579
夕方以降の難波発に乗る機会が多かったので津停車は慣れていますが
この時間の津停車は違和感ありですね。

 

DSC03575
21020系の窓枠は肘がおけないタイプです。
座席の肘掛けがあるのですが、窓枠に肘が置けないのはイマイチですね。
ネクストは前回乗ったのが2006年頃だったと思います。
当時も同じことを考えていたことでしょう。
どうしてこうなった。

 

DSC03578
ノンストップ特急らしく現在位置表示が出ますね。
前からこの表示あったかな。

 

DSC03581
14時過ぎに名古屋に到着。
大阪難波から乗ることが多いのですが明るい時間に名古屋まで戻ってくる
ということは極めて珍しいです。
車内ではゆったり過ごす…つもりはなくひたすら駅奪取で位置登録を
していました。

 

京都から大回り乗車をして名古屋まで戻ってきました。
近鉄は大回り乗車ができますが選べる経路は限られるため
このくらいが精一杯かなと思います。
そういえば、株主優待券だと田原本・西田原本や王寺・新王寺の
扱いはどうなっているのか気になるところです。

余談

京都を出発する前に京都市交通局烏丸線を完乗していました。
これで京都市交通局は完乗となります。
10系の前面は2種類あることを初めて知りました。

→2014年07月06日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です