須磨浦公園駅の阪神特急引き上げ線|本線が分岐する配線




鉄道コム


西代駅から再び改札を通って山陽姫路方面を目指します。
山陽電鉄はすでに乗りつぶしが終了しているので
改めて乗る必要はないのですが…


[スポンサードリンク]


DSC03135
明石・姫路方面。
普通須磨浦公園域が先発です。
普通とありますが、この列車は阪神特急です。
三宮から各駅停車になる列車です。

 

 

もともと須磨浦特急は阪急持ちだったはずですが、
阪急は8両に改めたので乗り入れができなくなって阪神が
須磨浦特急もやるようになったとか。
阪神特急と山陽の普通が15分間隔での運転になっています。

 

 

DSC03137
阪神特急に乗車して山陽須磨まで出ます。
山陽須磨では姫路行きの普通列車へ接続します。
山陽須磨で普通列車に接続するので須磨浦公園まで先着しない
というダイヤになっています。
数分の違いなのでそのまま乗車していても変わりないですが。

 

 

DSC03138 DSC03139
隣の須磨浦公園で下車します。
須磨浦公園で阪神特急の入線を見たかったので先回りしました。
須磨浦公園の入線から引き上げまでひと通り見たかったので。
入線は特に変わりはないです。
極普通に入線してきました。


[スポンサードリンク]


 

 

DSC03140
阪神特急は須磨浦公園に到着すると引き上げ線に入ります。
見ての通り6両限界です。
阪急車は入線できません。
引き上げ線が直線で本線部が分岐する形になっています。
よってここでは70km/hの制限が入ります。
分岐方向に70km/hと言うのは高速の部類にはなりますが。
「ト」というのは分岐という意味なんでしょうか?

 

 

DSC03141
赤直通特急が通過していきました。
須磨浦公園は黄色も通過になります。
よって停車するのは阪神特急だけということになります。
黄直通特急と阪神特急の停車駅の差は須磨浦公園だけです。
終点が停車駅の差というのもなかなか面白いです。

 

 

DSC03143
ちょうどお花見シーズン。
須磨浦公園は人気スポットみたいで沢山の人がいました。
須磨浦公園駅は改札を出るとすぐ公園です。
ホームからしばし花見を楽しみ先の行程へ。
阪急三宮発の姫路行きに乗ります。
三宮から姫路までのロングラン各停です。

 

→2014年04月08日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です