【愛知県の特殊鉄道で小旅行】ゆとりーとライン完乗へ




鉄道コム


高蔵寺に到着して愛知環状鉄道は終了です。
ここからが乗りつぶしになります。
愛知県下で未だ乗車したことがない路線。
それが名古屋ガイドウェイバス志段味線
通称ゆとりーとラインです。


[スポンサードリンク]


DSC02999 DSC03003
乗る機会というものがまずないのが志段味線ゆとりーとラインです。
リニモと同じく乗りに行こうとしない限り利用することはない
路線なんですね。
そうこうしていたら全く乗る機会に恵まれなかったので
乗ることにしました。
どうせ乗るなら最長距離であろう高蔵寺→大曽根が良いかなと。

 

 

普通の感覚ならこう思うでしょう。
どこが鉄道なのか?
名古屋ガイドウェイバスというくらいなのでバスなんです。
しかし、軌道法に則った鉄道なんです。

 

 

DSC03008 DSC03006
ただのバスではありません。
ガイドウェイバスというガイドに従って走行する区間があるためこのように
車輪にローラーが付いています。
簡単に言うとミニ四駆みたいなものです。

 

 

DSC03010
では、早速乗車していくことにしましょう。
ちなみに、ゆとりーとラインにはバス区間と専用軌道区間があります。
よって専用軌道区間以外は普通のバスと一緒です。
本領発揮は専用軌道区間です。
高蔵寺側から乗車する場合はバス区間→専用軌道区間となります。

 

 

名古屋ガイドウェイバスはトランパスには加入していませんでしたが
manacaには加入しています。
ということでリニモと逆パターンです。

 

 

DSC03012 DSC03011
小幡緑地までは路線バスです。
バス停は凝ったものだなという感じがします。
この中志段味停留所が終点となるバスが多数です。
ここから高蔵寺方面へ行くバスは毎時1~2本程度に減ります。


[スポンサードリンク]


 

 

DSC03013 DSC03014
小幡緑地から専用軌道区間に入ります。
ここから先は鉄道区間になります。
よって道路交通法による速度制限ではなく鉄道方式の速度制限がはいります。
運転士はハンドル操作は行わずガイドに任せるためアクセルとブレーキ操作
になります。

 

 

DSC03015
駅は相対式でドーム型になっています。
リニモの島式と対照的です。

 

 

DSC03021 DSC03022 DSC03017
速度制限は路上に書かれたものと標識によるものがあります。
制限解除も鉄道のものと同じです。

 

 

DSC03023
一番制限がきついのは大曽根を出てすぐある15km/hでしょう。

 

 

DSC03024
ということで大曽根に到着です。
高蔵寺→大曽根はJR中央線なら数分です。
わざわざこちらを選ぶ人は乗りつぶしの人くらいでしょう。
(実は高蔵寺から乗ってきた人の殆どは大曽根まで乗っていた)

 

 

DSC03026
終点大曽根の先には展開上と駐車スペースがあります。
ここで次の運用まで待ちます。

 

 

DSC03030
ということで大曽根に到着して愛知県のすべての鉄道に乗車したことになりました。
ゆとりーとラインが鉄道かどうかというのは怪しいところですが法律上では
軌道法は鉄道の扱いですから鉄道です。
愛知県の特殊鉄道のゆとりーとラインとリニモの2つを効率よく乗りつぶすには
今回実施したようなルートを使うとよいでしょう。

 

 

→2014年03月21日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です