快速エアポート136号で新千歳空港そして名古屋へ




鉄道コム


ポラリス乗車を終えて札幌市電のやるべきことはすべて終わった
思うので札幌駅へ戻ることにします。
大通~札幌はそこまで距離があるわけではないので歩いて
行くことにします。
名古屋~伏見と札幌~すすきのが同じくらいの距離になるのかなと。
そういう感覚ならたいしたことはない。


[スポンサードリンク]


DSC02955
歩いて札幌駅まで戻ってきました。

 

 

DSC02956
13:55のエアポート136号で空港を目指します。
新千歳空港到着は14:31到着です。
130km/h運転を実施している列車は120km/hへの引き下げが行われて
いるのですがエアポートは130km/h運転を継続し36分となっています。

 

 

あと、
136号の次が140号と飛んでいます。
これは13時代に出発する列車は130番台となっているので14時代に出る列車は
140番台になるのです。
普通の利用者にはどうでもいい話ですのでややこしくでも問題ないでしょう。

 

 

DSC02957
3月9日は18きっぷでないのでICカードで乗ります。
manacaが札幌近郊で使えるとは便利になったものです。
manacaのチャージを札幌でする。
ふと運賃表を見たら衝撃!
南千歳までが810円で新千歳空港までが1040円。
初乗り運賃に近い上昇が見られます。

 

 

DSC02960 DSC02962
札幌から新千歳空港まで乗車するのが721系3000番台。
エアポート運用を持つ721系の中でVVVFでないグループです。
1992年に製造された100番台で空港輸送に特化した仕様で登場時から6両を
組んでいた編成です。
2002年に130km/h運転対応させるため改造され3100番台に改番しています。
721系は組み換えやら改造やらでわけわからん状態になっています。


[スポンサードリンク]


 

 

この一つ前のエアポートはF-5001+F-1009という変な編成でした。
エアポートは基本的に6両貫通ですが、この編成だけ3+3です。
この編成、札幌に来るとよく見るんですよね。
1000番台の残党。

 

 

DSC02963
新千歳空港に予定通り到着。

 

 

DSC02964
改札が狭い。
最近はバリアフリーだ何だで幅広の改札は結構みかけますが
新千歳空港駅の開業が1992年ですから幅の広い改札とかないでしょうね。
大規模リニューアルするまでは無理かな。

 

 

DSC02966
15:40のスカイマーク766で名古屋へ戻ります。
天候は荒れていないので予定通り飛ぶようです。
今回ジェットスターと迷ったんですが予約後の手続きが
色々と面倒そうだったのでスカイマークにしました。
ジェットスターはオプションつけていくとあまり安くないような気がします。

 

 

DSC02967
夕刻の中部国際空港に到着。
いいタイミングでジェットスターがやって来ました。
ジェットスターはこれから何処かへ飛んで行くようです。

 

 

DSC02968
ということで見慣れた中部国際空港駅です。
新千歳から2時間くらい。
こうして考えると札幌は近いですね。
スカイマーク使えば名古屋→東京の新幹線と同額くらいで行けます。
今回も無事終えることが出来ました。

 

 

→2014年03月09日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です