函館山夜景ロープウェイ乗り場で警告も強行そして猛吹雪




鉄道コム


ホテルにチェックインして再出発。
函館と言ったら有名観光地の一つに函館山があります。
函館山から見る函館市内の夜景というのは全国的に有名
かと思います。
函館は2回めですが、前回は素通りしただけだったので
折角の機会を逃さぬようにいきたいと思います。


[スポンサードリンク]


 

函館山へのアクセス方法は複数あります。
函館駅前から山頂へ行くバスやロープウェイ乗り場へ行くバス
また、函館市電で十字街停留所まで行き徒歩でロープウェイ乗り場へ
行く方法があります。
山頂へ行くバスは季節運行であるため積雪のシーズンは無理です。
よって

DSC02763

市電を使って十字街まで移動することにします。
本当はバスに乗ってロープウェイ乗り場まで行く予定でしたが
乗りそこねました。

 

函館駅前から十字街までは数分です。
日中は6分間隔で運行されていますが夜間は少ないです。
来た列車に乗り込み十字街を目指します。

 

歩いても行ける距離ではありますが雪が降っていたため
断念しました。
今思えばこれがフラグでした。

 

十字街停留所から函館山ロープウェイ乗り場までは10分程度です。
正直言って10分程度なら何ら問題はないと思っていましたが
歩いてみるとわかりますがほとんど上り坂です。

 

しかも積雪。
積雪の坂道ほど怖いものはありませんね。
手すりなど掴まれるものにつかまりながらロープウェイ乗り場へ。

DSC02764

ロープウェイ乗り場の乗車券窓口で往復券を購入。
函館山ロープウェイは公式サイトで割引クーポンを事前に印刷して
持って行くと割引運賃になります。
左に写っているのは函館市電のトワイライトパスです。

 

トワイライトパスは18時以降に市電が乗り放題になる乗車券。
300円と日中の1日乗車券の半額です。
函館駅前~十字街の往復で元が取れます。

DSC02765
3月7日の最終便は20:50です。
木古内からスーパー白鳥に乗ったのは函館山のロープウェイに
間に合わせるためです。
木古内19:03の普通列車だと函館到着が20:18なので無理があります。

DSC02766

ロープウェイの乗車券も購入しているので当然山頂に向かうわけですが
窓口の人に『山頂は雪が降ってて見えないかもしれませんよ』と
忠告をいただきました。
特急使って先を急いだので行くしかないでしょう。

DSC02767

そして山頂から見た函館市内。
猛吹雪の中での撮影。
霞んでまともに見えませんでした。

DSC02768
こちらは室内から窓越しに。
ギリギリそれっぽく見えますね…

 

吹雪がおさまるのを期待して待っていましたが勢いが増すばかりで
これ以上待っても無駄だと判断して下山することにしました。
次来るのは北海道新幹線が函館に到達したときでしょう。
それまで夜景はお預けみたいです。


[スポンサードリンク]


 

ロープウェイ乗り場より十字街停留所まで歩きます。
今度は下り坂です。
アイスバーンにはなっていませんが足元は滑りやすです。
横を通り過ぎるタクシーがスリップしまくりで怖いです。

DSC02773

なんとか十字街停留所まで戻ってきました。
トワイライトパスを持っているので乗り放題です。

 

寒いので谷地頭の温泉施設にでも行こうと思いましたが営業時間終了で断念。
乗りつぶししようと思いましたがこの時間は30分に1本。
都合が良い列車がなかったのでホテルに戻ることにしました。

DSC02775 DSC02776

 

今回宿泊するホテルは函館駅前のスマイルホテルというところ。
1人で宿泊するのですが通された部屋は3人部屋。
平日だったことあってか朝食つきで3000円台でした。

 

基本的に朝食はつけないのですがこの辺りは吉野家みたいな
ファーストフードがあまりないんですよね。
そういう場合は朝食利用します。

DSC02777

そのスマイルホテル函館の横にあった函館ラーメンの店。
店名が『しなの』となぜその名前と突っ込みたくなるところですが
雪降中遠出するのもアレだったので入りました。

DSC02778

函館来たら塩なんですが『抹茶塩ラーメン』なるものがあたので
頼んでみました。
抹茶塩スープに天カスが浮いています。
これは新しい発見だと思いました。

 

店を出る頃には雪は止んでいました。
虚しい…
こうして3月7日の全行程が終了しました。

 

→2014年03月07日の全行程はこちらへ



[スポンサードリンク]




鉄道コム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です